大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使い物にならないレンタカー

日本でもアメリカでも、レンタカーの営業所に行って、免許証とクレジットカードを提示すれば、その場で車を借りて、乗って帰ることが出来る。
使用後返却するのは、その営業所でも良いし、別の営業所でも構わない。
(乗り捨て料金を取られることもあるが)

旅先で手軽に便利に使用することができる。
また、ちょっとした引越しなどでは、小さなトラックを借りて、自分達で済ませることも出来る。
最近では、休日にレンタカーを利用することを前提にして、自分では車を購入しない生活パターンも増えているという報道もあった。
それほどまでに、レンタカーは身近なものになっている。

数ある大連のフリーペーパー(日本語の無料情報誌)の広告欄に、レンタカーの広告が目に付くようになって来た。

「大連でもレンタカーが使えるようになりました。
車種も豊富で、貴社の希望にあわせます」
と。

セダンに乗り切れない5人の来客対応のために、日本のレンタカーの感覚で、ちょいとワゴン車を借りようとした。
勿論、オレが運転するわけではなく、当社の専門の運転手に運転させるつもりだ。

ところが、レンタカーとは名ばかりで、安い車なら貸してやるが、25万元以上の高級車には運転手が付いてくるというのだ。免許証なんか持っていてもその辺の馬の骨では信頼できない、自前の運転手でなければ貸せない、と言わんばかりだ。
乗り逃げされるのを恐れているのかもしれない。

しかも、車を借りる場合は、事前に会社同士の契約書を取り交わさなければならない。

これじゃ、使い物にならないよ。
こういうのは、レンタカーって言わないんじゃないか?

実際このような必要が発生したときに、大連人はどうしているかと言うと、車(ワゴン車)を持っている友人とか会社とかと交渉して、時間や走る距離に応じて1日500元とか1000元とかで借りる約束をするのが普通だ。
要するに白タクだ。
白タクだから、正式な領収書を発行することが出来ないので、会社の経費として処理することも出来ない。社用として使おうとすると困った問題になる。

日本には、レンタカーの他に、ワゴンタクシーなんかも選択肢になるが、おそらく中国では、法整備が進んでおらず、日本のようなレンタカーとかワゴンタクシーの営業が許されていないのだろう。
市場が成熟していないから、そういう業者が育っていないのかもしれない。
レンタカーとか中古車販売とか、モータリゼーション・ビジネスの成熟には、中国ではまだまだ時間がかかりそうだ。


そもそも、人を信頼することが出来ない社会だから、何でも保証金を求めるのが当たり前だ。
観光地のレンタル自転車では、保証金が200元などと、自転車が買えるような高額の保証金を求めてくる。
レンタカーで、100万円の保証金を求められるようならとても気軽に使うことなど出来ない。
今回の調査では、運転手無しの安い車の保証金は、1万元(約15万円)だった。
会社同士の契約書を取り交わしたとしても保証金は取るんだ。
ヘンなの!

コメント

これじゃあ

この保証金と運転手付きのコンボ攻撃では、
お客さんが、借りようとは思わないでしょうね。

広告媒体に出しても、費用対効果無しでしょうか。

でっつさん、おっしゃる様使いかってが悪すぎますね。
いったい誰が借りるんですかね。

旅行者?駐在者?でっつさんの様な社用で?

自分で運転するのを楽しみたくレンタルする人が、ここ、大連の
日本人でいるもんでしょうか。

移動用と考えるなら、タクシー一日借り切れば済むことですしね。

どこに需要があるのか、よく、分かりませんね。

  • 2007/08/25(土) 02:30:41 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

長期カーリース

>青云さん
「レンタカー」と言う表現が誤解の元だと思います。
「長期カーリース」なら、問題は無いのですがねぇ。どうしてレンタカーと表示したのでしょうかねぇ。
要するに、社用車として長期間使うなら、運転手付きのリース車として使えると思いますよ。
キャッチコピーはこうです。
「貴社の社用車は、当社にお任せください。
最高の車にベテランドライバー、常にベストの状態で使える自動車を提供します。
故障も保険も事故のリスクも当社が責任を持ちます。
しかも、煩わしい固定資産管理は不要。費用は経費処理が出来ますから、計画的な予算処置が可能です」

  • 2007/08/25(土) 07:37:39 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

これは

でっつさんがおっしゃるように、まさに「長期カーリース」のカテゴリーに属するサービスですね。
「看板に偽りあり」で、いわゆるわれわれがイメージする「レンタカー」とは全くの別物ですね。
詳しいことは判りませんが、あの種の「フリーペーパー」(と言うかフリーマガジン?)に出ている広告って、大抵は日本人の経営だったり、そうでなくても日本人が関係しているものが多いような気がしますが、それならもっと厳密に中身を検討してから掲載すべきでしょうね。
この辺はフリーペーパーの編集者にも責任がありそうな気がするんですが、確かに広告料で稼いでいるからタダで配布できるにしても、その広告の中身については正確かどうかぐらいは確認すべきでしょうね。

ところで俺のところの町では、いくつかの旅行社が運転手付きで10人乗りぐらいのワゴン車やショートボディのバス(20人ぐらいは乗れる、自己所有かあるいはバス会社と契約している)の貸し出しを斡旋していて、職場単位やグループの日帰り旅行などに利用していますが、これだとちゃんと正規の領収書も出るはずです。
俺のところみたいな小さな町でもあるんだjから、大連ならいくらでもありそうな気がしますけどね。

  • 2007/08/25(土) 14:02:24 |
  • URL |
  • 遼寧省営口市在住 #-
  • [ 編集]

フリーペーパー

でっつさん、そうですね。
自分が書き入れたあとに、そういや、そんなレンタリースの広告が
載っていたなと思い出しましたが、書き込んだ後の祭りだったもので。

遼寧省営口市在住さん、おっしゃるとおり、編集責任でございます。
ただね、クライアントが強行にこれでいけって場合、編集としては、
間違っていない日本語なら、ま、いいかって、なっちまうんですよ。

いや、単に、言い訳ですが。

  • 2007/08/26(日) 00:10:51 |
  • URL |
  • 青云 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/643-fb2dbd19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。