大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪焼き?

実は、この食べ物の名前は分からないんだ。
丸い焼き器の一つには生卵を1個割って落とし、別の器には小麦粉を溶いたものを入れる。更に小麦粉の上に、肉まんの中身みたいな具を少し入れる。両者がほぼ固まりかけたところで、玉子の方をひっくり返して、小麦粉の上に乗っける。一体化された玉子と小麦粉は、今川焼きのような丸い形に固まるのだ。餡子が入っているわけではないから、甘くはない。
お好み焼きの上に生卵を落としてひっくり返して焼いたものを「大阪焼き」と名付けて、日本の屋台で売っていたが、形は違うけどそんな感じの味わいの食品だ。

好みに応じて、辛い醤を塗ってくれる。1個1元
いくつかの店(屋台?)があったが、何れも夫婦で焼いていた。この写真では、右側で材料を仕込んだり、玉子を割ったりしているのが奥さんで、左側で仕上げ焼きと販売をしているのが旦那さんだ。どの店でも大体こんな感じで分業している。
5個ほど持ち帰ってビールのつまみにしたら、美味かった。



毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がります。謝謝!
キーワード:今川焼き、回転焼き

コメント

アイヤァ、コレ美味そうですねー。

私は市中心部によく出張してたんですが、必ず買ってたのが、天津甘栗と焼き芋です。
天津甘栗は文句なく美味しい。
焼き芋は甘くて美味しいけど、焼きすぎでベチョベチョ(笑)。
ホクホクのが食べたい。

  • 2005/04/25(月) 07:03:08 |
  • URL |
  • 花花牌子 #-
  • [ 編集]

マジ、うまいよ

花花牌子さん、今晩は。
これ、名前は知らないけど、マジうまかったすよ。
焼き芋は、近い内にレポートするけど、オレが食ったのもやっぱりベチョベチョだった。甘さはあるんだけどね。
ホクホク焼き芋は、日本の芸術かな?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/65-3c24f5ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。