大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡体字解体新書4(草書体の応用-1)

草書体は、子供頃は「続け字」なんて呼んでいたが、毛筆で書く流れるような字体である。

草書体を応用した簡体字はたくさんあるので、全部を紹介することは出来ないが、いくつか眺めていれば、他の字についても想像できるだろう。

左側の青い字が、旧字体で、真ん中の黒い字が筆で書いた草書体、右側の赤い字が、草書体の要素を取り入れた、簡体字の順だ。

まず分かりやすい、基本的なところから糸偏(いとへん)を見てみよう。
6画から3画へ、3画減少。
kumisoutai.jpg
糸偏を崩すとこんな風になる。殆ど違和感なく受入れられるだろう。

続いて、言偏(ごんべん)の簡略化も草書体の形をそのままイメージしたものだ。
7画から2画へ、5画減少。
setumeisoutai.jpg

setumeisoutai.jpg


続いて、食偏(しょくへん)だ。 
8画から3画へ、5画減少。
fansousho.jpg
これは「飯」の字だが、「飲」「餅」「館」など他の字も同様だ。

門構えも分かりやすい。これは、日本でも略字として使っている人がよくいる。
8画から3画へ、5画減少。
mensoutai.jpg

門構えがこう簡略化されるなら、「間」だって同じように簡略化される。
aidasoushoati.jpg



「長」の字は、草書体と全く同じで、こんな風に簡略化される。
8画から4画へ、4画減少。
changsoushotai.jpg
割と有名なので知っている人も多いことだろう。
筆順は、最初に斜めの払いを書いて、次が横棒、続いて縦棒を通して、最後に右払いで仕上げる。

「東」はこんな具合だ。
8画から5画へ、3画減少。
dongsoutai.jpg


「東」の点々が、横棒に変ると「車」になる。
7画から4画へ、3画減少。
kurumasoutai.jpg


「風」は、草書体を参考にしたのかどうか分からないが、雰囲気は似ている。
9画から4画へ、5画減少。
kazesoutai.jpg
中身が「メ」なら「風」だが、「ヌ」なら「鳳」なので、間違えないように。
070915feng.jpg



こんな感じで、簡略化した文字は、「魚」「貝」「見」などがあるが、一度にたくさん並べると、面倒になってみてくれないので、今日はここまでにして、次回は、もっと大胆な草書体応用の上級偏を紹介する。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/653-83f95a9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。