大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡体字解体新書9(日本でも採用したい部品)

色々な簡体字を紹介してきたが、見慣れてくると、ついつい自分のメモなどに使ってしまう文字がある。
あまりに簡略化しすぎたものは、如何なものかと思うが、日本でも採用したら書くのが楽になるのになぁと思うことがある。

オレが選んだ、日本でも採用したい部品を披露しよう。
と言っても目新しいモノじゃなくて、今までに、何回も説明した部品ばっかりだが。

まず、言偏だ。
gonben.jpg
言偏は、文字の数も多いし、画数削減効果も大きいので、有効だと思う。
「言」のままだと、7画になってしまうが、中国簡体字では、2画になる。最初は変に感じるかもしれないが、見慣れると、案外簡単に受入れられるものだよ。


次は、金偏。これはあまり違和感を感じなく使えると思う。8画から5画への合理化だ。
tetuhen.jpg


糸偏の字も多いから採用したいな。6画から3画への合理化。
これは、見た目では殆ど違和感がない。
itohen.jpg


次は魚偏だが、4つの点々を1本でつないでしまうだけなので簡単だ。。
これも、見た目では殆ど違和感がない。
uohen.jpg


食偏も8画が3画になるので、すごい合理化だ。
慣れてしまうと、本当の食偏を書けなくなる。
shokuhen.jpg


車偏も同じこと。7画から4画への合理化。
kurumahen.jpg


この辺までは、日本字に採用しても良いかな?って。
う~ん、車偏は、やり過ぎかもしれないな。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/660-0ec232fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。