大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡体字解体新書5(草書体の応用-2)

草書体応用の第2回目だ。
左側の青い字が、旧字体で、真ん中の黒い字が筆で書いた草書体、右側の赤い字が、草書体の要素を取り入れた、簡体字の順だ。
最初は、似たような簡略化をされた「馬」「鳥」「島」だ。
草書体って、書く人の個性が強く出るので、このフォントでは中国の簡体字にあまり似ていないが、雰囲気は分かってもらえるだろう。
馬は10画から3画へ、7画減少。この画数減少は効果はすごい。
umasoushotai.jpg

鳥は11画から5画へ、6画減少。
torisoushotai.jpg

島は10画から7画へ、3画減少。
shimasoutai.jpg
ここで気をつけてもらいたいのは、「鳥」「島」の筆順だ。
繁体字(旧字体)のイメージとは異なるので、筆順のルール記事の一番下を参照して欲しい。


次は「場」と「湯」、場は12画から6画へ、6画減少。
jousoutai.jpg

oyusoutai.jpg
旁の上部にある「日」がなくなっている。「腸」も同じように簡略化されるが、「陽」だけは別だ。これについては、後日説明する。

偉は12画から6画へ、6画減少。
eraisoushotai.jpg
「偉」の旁が、大胆に省略されている。「韓」「違」も同じ形に簡略化されるが、「衛」は、全く違う字になる。

中国で4番目に多い苗字の「劉」さんの字は、こんな風になる。
liusoushotai.jpg


さぁ、これからが、草書体の真髄だ。
これは、崩し方を知らなければ、全く読めないと思う。

この字はどうだ!
sennmonsousho.jpg
中国に来たばかりの頃は「キマ」としか読めなかったが、こうして草書体と並べてみると、なるほどって感じがする。

次もすごいよ。
rakusoushotai.jpg
どうしたらこんな形になるんだろうか? でもとにかく「楽」なんだ。

中国では、太陽暦に対して、太陰暦(旧暦)のことを「農暦」という。
noushoushotai.jpg
草書体の方が少し崩れているけど、きちんと形を整えればこうなるのだろう。

最後は「書」だが、これは意外と馴染みやすいかも。
shusoushotai.jpg
だけど、この書体は、あんまり似ていないね。

2回に渡って、草書体の応用を書いたが、勿論このほかにもたくさんある。色々探してみると面白いかも?

コメント

専や楽は日本の新字体で、旧字体は專、樂だったと思います。

  • 2011/01/09(日) 20:53:13 |
  • URL |
  • 名前の入力なし #-
  • [ 編集]

ご指摘の通りです。

>専や楽は日本の新字体で、旧字体は專、樂だったと思います。

ご指摘の通りですが、面倒なので、図は訂正せずそのままにしておきます。

  • 2011/01/11(火) 09:26:26 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/662-bfef0310
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。