大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【亡羊補牢】

wangyangbulao.jpg
失敗を繰り返さないように事後の補強をするのに遅すぎることは無い。
と言うこと。

ある男が数匹の羊を飼っていた。
羊の檻が壊れていて抜け穴が出来ていた。
夜になって狼が抜け穴から忍び込み、1匹の羊をくわえて連れ去った。
隣人が彼に言った
「あんた、早く羊の檻を直して、抜け穴を塞いだ方がいいよ」
彼は言い返した
「へっ!羊はもう連れて行かれたんだ、今更直したって遅いさ」

翌日の朝、男は再び羊が一匹少なくなっているのを見つけた。
狼が又抜け穴を通って羊をくわえて行ったのだった。
男は最初に隣人の忠告を聞かなかったことをとても後悔した。
そして、すぐに抜け穴を塞ぎ、羊の檻の修理を済ませた。
こうして、彼の羊は、再び狼に連れ去られることはなかった。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/667-95716211
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。