大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンザシ飴

糖葫芦(タンフールー)売りのおじさんだよ。糖葫芦と言うのは、サンザシの実を串に10個ほど刺して、周りをべっ甲飴のような砂糖で固めた菓子だ。大連の方言では、「リゴ」と言うが、どんな字を書くのか分からない。

サンザシは日本には無いけど、丁度「リンゴ飴」のようにサンザシの酸味と冷たく固まったパリパリ感の飴の甘さがマッチして美味しい冬の風物詩だ。日本語的には、「サンザシ飴」と呼べばいいかな。キウイとかイチゴなどのバージョンもある。夏になると飴が溶けてしまうので見かけない、冬だけの商売だ。
ところで、このおじさんは、あまり売れているとも思えないのに、日がな一日寒風吹き荒ぶ中、ここに立って、「サンザシ飴」を売っている。自転車の藁束に刺してある串の数を見てくれ。せいぜい40本くらいだよね。1本1元だから、全部売れても40元にしかならない。自分の山で取れたサンザシの実と竹串を使って原材料費が無料だとしても、純利益は40元。 実際には、夕方になると、売れ残った「サンザシ飴」を2本1元とか、3本1元とかに値下げして捌くこともある。それでも、現金収入に魅力があるんだろうな。



毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がります。謝謝!
キーワード:サンザシ飴、りんご飴、

コメント

さんざしはウチの母親が大好きなんだよなぁ。
一本1元かぁ、今度見かけたら買ってみようっと。

  • 2005/04/22(金) 13:36:56 |
  • URL |
  • 花花牌子 #-
  • [ 編集]

花花牌子さん、こんにちわ。

サンザシは種があって面倒なので苺バージョンを試してみてはいかが?
苺は2元だったような気がします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/68-fa9ed151

飴飴 (あめ) とは、デンプンを糖化して作った甘い菓子。または、砂糖を溶融の後冷却して固形状にしたキャンディなどを指す。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

  • 2007/07/28(土) 10:31:39 |
  • お菓子先生
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。