大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち取った「第一病院」の名

開発区には、大連医科大学附属第一医院がある。
中国語で「医院」とは、日本語の「病院」のことなので、以下「病院」ということにする。

「医大一院」と表示して、写真のように威風堂々たる大学病院である。
最近、改築と言うよりも、全面的な建て替えをしてきれいな病院になった。
0701020yiyuan.jpg

この病院は建て替える前は「大連医大第三病院」、通称「医大三院」だった。もっと簡単に、地元のみんなは「三院」と呼んでいた。

ここから先は、全くのオレの想像なので話半分くらいにしてもらって構わない。

相当な予算をかけて、大幅に建直したきれいな病院だから、「第三病院」じゃカッコ悪い。是非とも「第一病院」にしてもらわないと困る。
というわけで、中国人得意の面子を立ててくれという論法で、「第一病院」の名前を勝ち取ったのだろう。
さすがは中国だと感心して欲しい。

ところが、悲しいかな、この話にはオチがあるんだ。

だって、考えてもみてくれ!
今まで第三病院だったのだから、既に第一病院や第二病院があったはずだ。面子を大事にする中国人が、おめおめと第一病院の名前を手放すはずがないだろう。
こういうときに中国ではどう解決するか?
 1、権力で押し切る。
 2、金で解決する。
 3、双方の面子が立つ方法を模索する。
この場合は、3の方法を取ったのだろう。

この病院の看板を良く見ると、
「大連医科大学第一病院 第三部」
とある。
「第三部」とは、日本では聞きなれない言葉だが、「第三分院」という意味合いだ。
つまり、この病院の正式名称は、日本風に書けば
「大連医科大学附属第一病院 第三分院」である。

関係者の努力で、第一病院の名を獲得したのだが、地元の人たちは、相変わらず「三院」と呼んでいる。

コメント

でも、「通称」を、遠くから見えるところに表示するんですねえ?
日本だとどうでしょう。
長ったらしくても、正式名称を掲げるんじゃないでしょうか。

「第一」「第二」が今も存在するのなら、どう努力したってこの病院が「第一」と呼ばれることはないでしょうに。
名前を変更するのに、いくらかお金が掛かったのかしら?登録料として。だとしたら無駄遣いだなあ、と思います。

  • 2007/10/29(月) 11:25:28 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

最近、大連市内の711路バスの「医科大学」バス停の名前が「医大二院」に変更
になったそうです。

大連市内の人にとっては「医大一院」「医大二院」って区別していないような気が
するのは気のせいでしょうか。

「医大二院」は「星海的医科大学」みたいな言い方が一般的のような気がします。

このあたり、うまく区別しないと「第○人民医院」(通称○院)とかとごっちゃになって、
ややこしいんですがねぇ。

  • 2007/10/29(月) 16:59:04 |
  • URL |
  • Winged Love #-
  • [ 編集]

開発区で「三院」といえばここ

>カンカンさん
これで、お金が動いたかどうかは知りません。
中国では、略称が正式名称に変わってしまうことは、珍しくありません。いや、むしろ何でもかんでも短縮する傾向にあります。
「開発区管理委員会」だって、管理委員会発行の公式文書の中でも「開発区管委会」と略しています。市民が呼ぶときは、当然「管委会」です。

>Winged Loveさん、こんにちは。
市内で、そんな名称変化があったのですか?
知りませんでしたが、こちらの医大三院から医大一院への名称変更と関わりがあるのでしょうか。
開発区には、大きな病院は「開発区医院」とこの「三院」しかありませんから、ごっちゃにはなりません。(今のところは)

  • 2007/10/30(火) 04:22:23 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/681-2079addd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。