大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の力ってすごい

中国で暮らしていると、人間の力に驚かされることがある。
例えばこんなことだ。

50メートル四方はあろうかと思える空き地に、20人くらいの男たちが集められて穴を掘り始めた。人間が寄ってたかって穴を掘ってもナンボのものかいな! なんて冷めた目で見ていると、1週間2週間と過ぎるうちに穴はドンドン深く大きくなり、遂には、50メートルの空き地全体が、深さ10メートル以上に堀進められていたことがあった。
(感覚的な表現であり、数字は正確ではありません)
そりゃ、確かに万里の長城だって、エジプトのピラミッドだって、人間の手で作り上げたものだが、機械万能の現代において、重機を一切使わず、これほどの穴を掘る光景って、日本では見られないものだ。もし、日本でこんなことをやっていたら、人件費が高くてとても採算が合わないだろう。
中国では、その点が違うんだなぁ。ショベルカーなどの重機1台分のレンタル料で人間が、数十人は雇えるから、どちらが安いかケースバイケースなんだ。勿論機械でなければ出来ない大仕事もあるが、穴を掘ることは、時間と人数をかければ、人の手だけでも出来ることだ。それならやらせてみよう、ということになるんだな。
人間の力ってすごいなぁと思った。


直径3メートルはあろうかという、大きな土管を設置している現場があった。
男たちが6人くらいだろうか? 何とかしてこの土管を動かそうとするのだが、ビクともしない。でも彼らは諦めないんだなぁ。丸太ん棒をもってきて、石を支点にしててこの原理で転がそうというわけだ。
エッサカ・ホイサカやっているうちに、土管は動き出し、遂に所定の場所に収まったのだが、日本ではまずやらないだろう。
何しろ危険だから。 てこの原理で動き出したは良いが、一旦動き出したら止める術がないのだから危険なことこの上ない。
リスク(危険)を度外視すれば、人間の力って、案外すごいものだと思う。
おそらく、万里の長城やピラミッドの建設は、大勢の犠牲者の上に成り立っているのだろう。


自転車に、発泡スチロールを山のように積み上げて走っている自転車を見たことがある。残念ながら写真に撮ることは出来なかったのだが、身体の3倍はあろうかという大量の荷物を自転車の荷台にくくりつけている。
発泡スチロールだから軽いので、やってみりゃ出来ないことはないのだろうが、日本なら、「トラック借りて来いよ」ということになるのだろう。
人間の力って、すごい。

コメント

尼特族

>> 人間の力って、すごい。

別の意味で「すごい」のは、中国には1200万人居るそうだ。

一直无用、                   仕事に就かず
二老(口偏に上に止、下に月)光、     両親の脛を齧り倒し
三餐飽食、                   三食充分に摂るくせに
四肢无力、                   ひ弱な体
五官端正、                   その割にはクールなルックス
六親不認(言偏に人?)、          親戚付合いはしない
七分任性、                   我が儘ぶり
八方逍遥、                   あちこち出遊ぶかと思うと
九(久)坐不動、                家に引きこもる
十分无用。                   全くの役立たず

日本ビジネス中国語学会理事の待場裕子氏による中国の「口偏に上に止、下に月 老族」の解説だ。 台湾語では「尼特族」と書くそうだ。

新年好! 今年も抱腹絶倒、かつ、為になる話題を期待してやみません。

  • 2008/01/10(木) 21:05:05 |
  • URL |
  • hexue #HdCTe9Y6
  • [ 編集]

1200万人=1%弱

>hexueさん
物知りですねぇ。
調べてみたら、「口偏に上に止、下に月 」は、日本では「齦」という字のようですね。
為になる話題はもともと無理だし、だんだんネタが尽きて来て、抱腹絶倒も難しいですね。
でも、大レンにいる限り、月木の定期更新は継続します。

  • 2008/01/12(土) 09:36:59 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

発泡スチロール

自転車に載せて運ぶ発泡スチロールですと箱でしょうか?
その手の箱の密度は0.017g/cm3前後で、箱1つが100g位
しかありません。日本ですとこういった箱を10箱単位で梱包し、
それを3m位まで積みあげたものを手で運ぶことがあります。
当然熟練?が必要で慣れないとすぐ崩れますが。だいたい持ち上げる
重量で10kg位でしょう。年末特番なんかで成形工場の取材がある
時、名人芸などと紹介されるので目に触れられたこともあるかもしれ
ません。

これとは別にブロックといわれる90cm×180cm×45cm前後
の塊があり、これですと1つ12~3kg位にはなります。
大連ですとこちらがあるかな?だいたい3つ位をくくりつけて運搬
されているようですが・・・・。載せるのが大変だとおもいます。
日本ですとこんな運び方をすると「キズ」がつくのですぐクレーム
ですが、あまり気にされないんですかねぇ・・・・。

  • 2008/01/12(土) 13:44:33 |
  • URL |
  • papa_38 #-
  • [ 編集]

箱でした

>papa_38さん
私は元エンジニアと称していますが、papa_38さんは現役のエンジニアですか?
検証に具体的な数字を示すところが、素晴らしいです。
箱を積上げてロープだか、ポリ袋だかで固定していた様子は、正に名人芸でした。日本では絶対に見かけませんね。

  • 2008/01/17(木) 07:20:06 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/683-26676298
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。