大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイの鳩は白かった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その4)

鳩はどこでも飛んでいるものだが、ハワイの鳩は白かった。
ハワイというよりも地域を限定すべきだな、ワイキキの鳩は白かった。
国際級のスポーツ大会などで、純白の鳩が群れを成して放たれるが、あれは、純白種だけを選別飼育しているもので、自然界ではシロは劣性遺伝なので数が少なくなるものだ。
(と、思う。専門家じゃないので分からないが)
日本の公園やお寺などに住み着いている土鳩は、灰色か薄茶色ばっかりだ。071105dobato.jpg


これに対してハワイ(ワイキキ付近)の鳩は白かったなぁ。
0701001shirohato.jpg


〔ちょっとネットで調べた薀蓄〕
靖国神社の鳩は白いそうだ。 灰色の鳩が現れると、係りの人が捕まえて遠くに放すとか? うそ臭いなぁ。
白い鳩には、もともと白い品種と、色素が無いために白く見えるアルビノって言う劣性遺伝の種があるんだって。
アルビノは、メラニンなどの色素が欠乏して生まれた種で 真っ白い蛇や虎などにも見られる。アルビノは、色素がないから眼底の血管の赤色が透けて眼が赤く見える。もともと白い種類は、眼が黒い。
さて、ワイキキの白い鳩はどっちだろう。目の周囲は赤いけど真中は黒目は黒いように見える。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/687-2014e9f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。