大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイでアロ~ハ!

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その13)

ハワイ語って、母音はA、I、U、E、Oの5種類で、子音はHKLMNPWの7種類だけなんだって。だから、日本人にも発音しやすいって。

人と会ったら、とにかく「アロハ」と言っておけば良いらしい。
こんにちはも「アロハ」、 こんばんはも「アロハ」、さよならも「アロハ」で用が足りる。
おはよう、こんばんはなどは、専用の挨拶もあるらしいが、「アロハ」でも構わない。
アロハ⇒こんにちは、おはよう、さよなら

アロハを覚えたら、次は「マハロ」だ。
こんにちはの次に覚えるべきは、ありがとうでしょう、それが「マハロ」。
マハロ⇒ありがとう

間違ったら謝らなければならないよね、謝るときには、「エカラマイ」。
エカラマイ⇒ごめんなさい

あれが欲しい、これが欲しい。何か欲しいときには、「マケマケ」。
マケマケ⇒欲しい

アエ⇒YES、   アオレ⇒NO

素晴らしい、とか、褒めるときには、「マイカイ」。
マイカイ⇒GOOD
このくらい覚えておけばいいんじゃないかな。

ついでに、可愛い娘に会ったら、「ナニ」。
ナニ⇒美しい、可愛い

おまけ。
和田弘とマヒナスターズというグループがいたが、「マヒナ」とは「月」のこと。
歌で「アロハ・オエ」が有名だが、「アロハ」は上述の通り挨拶で「オエ」は「あなた」。

ohanalogo1.gif
「オハナ」という名が付くホテルがたくさんあるが、「オハナ」とは「仲間・家族」のことで、日本語の「お花」ではない。


この程度覚えても会話は成り立たないが、コミュニケーションのきっかけにはなるだろう。

コメント

こんなところにも

「WIKIPEDIA」の語源は、ハワイ語の wikiwiki (速い)から引用し、ページの作成更新が迅速なことを表しているのだ。

  • 2007/11/24(土) 08:35:33 |
  • URL |
  • hexue #0gXy5ln6
  • [ 編集]

Re:「WIKIPEDIA」

>hexueさん
「WIKIPEDIA」の語源がハワイ語だったのですか?
驚きです。
色々な人がブログなどで書いていますが、中国でからWIKIPEDIAにはつながりません。
だから、検索結果でWIKIPEDIAが出てくるとがっかりします。

  • 2007/11/27(火) 07:14:32 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/694-56b8341e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。