大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発区には電柱が無い

開発区の歩道にこんなものがたくさん設置されている。形がちょっと違うものもある。
長いこと、ナンだろうかと疑問に思っていた。
ベンチにしては形が悪いし、オブジェにしては形式ばった形だし???
なんだろう?
0701108ben.jpg

計画的都市設計された開発区には電柱が無い。といっても、幹線を外れて支線に入ると電柱を見かけることもあるが、幹線には無い。
ま、いまどきの大都市では当たり前のことだが。例えば、つくば学園都市にも電柱がないし、東京の銀座通りにも電柱はなかったような気がする。

だけど、都市生活に電力線の他、電話や光ケーブルなどの通信線などが必要になるのだが、それらはどこに配設されているのだろうか?

当たり前のことだが、空中になければ、地下しかありえないのだ。
地下にもぐるためのマンホールを探してみると、いろいろな種類があった。
0701108dian.jpg
これは、電●力という表記から「大連開発区電力」ということで、電力線用のマンホールなんだろう。

0701108tv.jpg
こちらは、「大連有線電視」つまり、「大連ケーブルテレビ」ということだ。

0701108sogo.jpg
更には、内容は良く分からないけど「総合通信」というものもあった。

冒頭に話を戻して、歩道に設置されたオブジェは、地下ケーブル道の換気口のようだ。人が地下道に入り込んでメンテナンスを行うこともあるはずで、そのときに窒息を防ぐ為の換気口が必要になると言うわけだ。
何の確証もないが、おそらく換気口設備だと思う。

コメント

このオブジェのどの辺に換気口があるのでしょうか?
デザインといい、変なの・・・

日本のマンホールの蓋は、時々盗難にあっていますが。
大連は大丈夫ですか?

  • 2008/03/13(木) 11:58:09 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

換気口

>カンカンさん
白いコンクリートの下に、茶色の金属桟が見えますよね。ここが換気口だと思います。
マンホールの蓋の盗難は良く分かりませんが、ときどき、何の表示もなく蓋が外されているマンホールがあるので、夜道なんかは注意しないと落ちてしまいます。危ないですね。

  • 2008/03/14(金) 07:16:29 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

見つけました。

私が住んでいる緑洲半島にもありました。今まで気がつかなかったけれど、なるほどという感じでした。それより、街灯が少ないので夜の道路の暗さは参ります。トホホ。

  • 2008/03/16(日) 17:47:25 |
  • URL |
  • アンチン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/700-d993abf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。