大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖誕節

クリスマスのことを、中国語では「聖誕節」という。
クリスマスイブは文字通り「聖誕節前夜」、あるいは「平安夜」とも言う。
サンタクロースは、「聖誕老人」だ。
071223cristmas.jpg
簡体字で書くとこうなる。
「聖」の字が、どうしてこんな形になったのか、見当もつかない。

聖誕老人って、なんとも無粋な名前だと思う。
0701223laoren.jpg
中国のサンタクロースは、なんかキモくないですか?

以前にも同じことを書いたので読み返してください。聖誕快楽!

中国のクリスマスは、商店やレストランなどが飾り付けて雰囲気を盛り上げようとしているが、一般家庭ではあまり騒がないような気がする。勿論、家々ごとに差はあるが。


24日夜追記
会社の何人かの社員に聞いてみたら、彼らの家にサンタクロースは来ないようです。
日本では、オレが子供の頃(50年前)に既にサンタが来てくれたので、大分中国とは違いますね。


年末になると、外国から「Merry Christmas & Happy New Year!」なんて書かれた、クリスマスカードが届く。
昨今のコンプライアンス上の観点からすると、このクリスマスカードは問題があるのだそうだ。

つまり、クリスマスはキリスト教独自の行事であるから、個人で発信するのならともかく、会社や役所の名前で「特定の宗教に肩入れした文書」を公に発信するのは好ましくないという理屈らしい。
クリスマスを表示せず「Season's Greetings & Happy New Year!」なら問題ないという。
ちょっと、考え過ぎなんじゃないかなぁ!

コメント

「年画」+「ディズニー」といった感じ。
中国の子供たちは、これを見て、可愛いとか面白そうと感じるのでしょうかね?

クリスマスは、日本では単なるお祭り騒ぎですから、あまり深刻に考えなくてもいいのに、と思いますね。
だって、もともと八百も神様のいる土地柄だし。
クリスマスにはキリスト教、年末に除夜の鐘ついて仏教、年明けに神社に初詣して道教、何て節操のない国だ!という声も聞こえますが。

  • 2007/12/24(月) 08:21:27 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

あ、間違えました

「八百」じゃなくて、「八百万」でした。
それに、初詣は道教とは限らないそうで。
もう神と仏、神社と寺は融合しているみたいですね。
この辺、ヨーロッパ人には理解しがたいようです。

  • 2007/12/24(月) 08:31:26 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

宗教色は薄い

>カンカンさん
日本のクリスマスって、宗教とは関係なく、酒を飲むためと、パーティのためのお祭りみたいなものですが、中国でも似たものです。
むしろ、もっともっと商売に利用されているようで、デパートやホテル、レストランなどのイベント材料であり、一般家庭にはそれほど馴染んでいません。

  • 2007/12/27(木) 09:13:37 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/708-5a38b1d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。