大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め詐欺メール

中国の携帯電話にはいろいろなメールが飛び込んでくる。
以前は偽物の領収書を作りますというのが最も多かったのだが、だんだん多様化しており、今回初めて、こんなメールがオレの携帯に届いた。
080112furikome.jpg
パパ: 昨日の夜、品物もお金も全部盗まれちゃって、とっても困ってるの! これは友達の付志華さんの携帯です。 パパ; すぐに郵便局カード番号622***81の付志華さんに300元送ってね。 すぐ必要なの! 彼女が私に渡してくれるわ!

日本で流行っている「振り込め詐欺」の真似事だと思うんだけれど、自分の名前も名乗らない怪しげなメールに、例え300元とはいえども、金を送るパパがいるとは思えないんだが?
そもそも、オレには娘がいないし。
このメールでは本人が女性とは書いてないが、文脈から判断して女性という設定だろう。
また、送金要求が300元(約5000円と)いうのが、かわいい。
おそらく、初めての詐欺で、おっかなびっくり300元と書いたのだろうが、だんだん慣れてくると、大胆になって数万円、数十万円と増えていくのだろうな。

コメント

とても自信が・・

携帯利用の振り込めサギですか。やっぱり日本からの波及でしょうか。(悪事千里を走る) でも日本の場合は被害対象が、携帯とかに弱いおじいちゃん、おばあちゃんへ直接電話が多いのですが、今時の中国で携帯メールのフィッシングとなると対象は、パパになっちゃうんでしょうかね。それにしても、中国の郵便局は長いカード番号(19桁)ですね。私には本当に必要な時、送ろうとしても、とても1回で送金できる自信がありません。(笑)

  • 2008/01/16(水) 21:03:30 |
  • URL |
  • akane #a2fnBRhM
  • [ 編集]

数字を覚える能力

>akaneさん、こんにちは。
中国人は、数字に強い印象があります。
名刺や広告の電話番号でも、日本なら、03-1234-5678のように、ハイフンで分かち書きにするものですが、大連では、041187876464のように連続で書くのが普通です。
我々にとっては、とても見難いのですが、中国人は改善しようとは思わないようです。

  • 2008/01/17(木) 07:25:26 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

おれおれ詐欺は、電話が基本。

>akaneさん、2回目のこんにちは。
こんなメールで、お金を送るヤツは、日本でも中国でもいないと思いますよ。
もしも電話で直接の交渉なら
「もしもし、オレだよオレ、分かる?」
「誰だい?分からないよ!」(声を聴いて年配の女性だと分かる)
「ばあちゃん、オレだよ、金盗まれちゃって、困っているんだ」
「えっ!聡史かい?どうしたの?」(自分の名前が決まった)
「そう、聡史だよ、地下鉄でカネ掏られちゃって、困ってるんだ」
「あんた、大学に地下鉄で通ってるのかい?」(自分が大学生だと分かる)
「授業料を納めようと思ったら、鞄ごと取られちゃったんだ、どうしよう?」
「いくら取られたんだい?」(のって来た)
「半年分の授業料で、50万くらい取られちゃった、親に言ったら怒られるし、どうしよう、ばあちゃん」
てな具合に、会話の中で発展させられるが、メールではどうしようもない。
読み直しているうちに、冷静になるはずです。
このメールを何通発信したのか分かりませんが、入金はゼロでしょうね。

  • 2008/01/17(木) 21:18:02 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/715-31bb7eb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。