大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで良いのか?建築基準。

下の写真は、新しくホテルとして改築中のビルだ。

080126tumiki.jpg


このビルは、以前もホテルだったのだが、経営不振で倒産し、新しいオーナーが改築し新規のホテルとして開業を目指している。

両側の白いビルもホテルなので、ホテルが3軒並ぶことになる。
実は、以前はこのビルの高さは、左右のホテルと大体同じくらいの高さだった。階数にして12階建てくらいかな。写真にグリーンのラインを引いた辺りの高さだった。
ところが、姉葉建築士もビックリ!!
今、改築中のビルには、その上に5~6階分くらいが上載せされている。

専門家じゃないから詳しくは分からないけど、ビルの設計って、高さに応じて基礎の強さって決められていると思う。適当に上に載っけたら強度的な問題が発生するんじゃないかなぁ?

オーナーが変わったから、6階分を上載せしますで良いのだろうか?

コメント

でっつ総経理のオフィスは何階にあります?

地震来たらどうしよう、とか思わないんですねえ?
「中国、地震ナイヨ」って言ってますし。
でも唐山地震では24万人亡くなったというのに。
ほんの30年ほど前のことですよ。

  • 2008/02/01(金) 11:26:49 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

3階建て

>カンカンさん
当社は、3階建ての低層建築物ですが、地震に強いとは思えません。
大連でも、数十年前に地震があったとか?
震度5とかの地震が来たら、多くの建物がガラガラと崩れるでしょうね。

  • 2008/02/02(土) 07:06:16 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/719-9e9b381f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。