大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンデミックは近いのか

禽急患の記事で書いたことだが、鳥インフルエンザがなぜ騒がれているか?
「人→人」への爆発的な世界感染、つまりパンデミックの発生を恐れているのだ。

「人→人」への感染が疑われる例として、大連領事館事務所では次のように発表している。
・ 2007年 12月に鳥インフルエンザの感染が確認された 24歳男性及びその父親(52歳)の2例の症例については、いずれもトリとの接触歴は確認されていない。
・とりあえずの判断として、今回の症例は、家庭内の密接な接触による感染であると考えられる。
・ヒトからヒトに感染する生物学的証拠はない。
・なお、このような家庭内における感染事例については、これまでインドネシア(2006年5月)、ベトナム(2005年1月他)、タイ(2004年9月)においても確認されています。

つまり、科学的には証明されていないが、「人→人」への感染が始まっていると考えるべきかもしれない。

専門家のシミュレーションによれば、感染地の外国から感染者(東京勤務のサラリーマン)が一人帰国したとすると、次のように感染者が増えるそうだ。
・潜伏期間の3日間くらいは自分でも気がつかない
・発病しても微熱でだるいくらいなので外出行動は続く
・7日目に新型インフル感染に気がついたときには、首都圏で1200万人が感染
・9日目には、札幌や沖縄まで感染者が広がる
・14日目には全国で32万人に達する

最終的には日本での死者が64万に及ぶという。

日本政府は、平成19年10月26日に「新型インフルエンザ対策に関する政府の対応について」という閣議決定により、パンデミックが確認されれば、総理大臣を本部長とする対策本部を設置することを決めた。
また、 鳥インフルエンザ(H5N1型)からの変異が懸念される新型インフルエンザについて、対策を検討する与党プロジェクトチーム(PT、川崎二郎座長)が2008年1月29日、初会合を開いた。「国内で発生すれば、国家の危機管理の問題となる」と位置づけてワクチンの製造体制を検証。流行初期での自衛隊派遣を含めた封じ込め対策も検討するという。

政府の対策としては、治療薬としてタミフルを2800万人分、リレンザを60万人分を備蓄し、更に増やす。
また、ワクチンは感染が発生してからそのウィルスを基にして作成するものだが、現在はまだ作れない。そこで「鳥→人」感染したウイルスによるプレパンデミックワクチンを1000万人分用意し、最終的に2000万人まで増やす予定だ。 プレパンデミックワクチンは、一定の効果は期待出来るが、どの程度効くのか分からない。

2003年のSARS騒ぎのように、もし、日本以外のアジア諸国で感染が拡大したら、中国住材勤務者がばい菌扱いにされるのが目に見えるようだ。

この写真は以前の記事で使ったものだが、このくらい元気な鳥なら鳥インフルエンザなんかに負けないかもしれない(ウソ)

いつもおっとり刀の反応をする、日本政府が本気になっているということは、案外パンデミック予測は近いのかもしれないよ!!

コメント

ひょっとしたら

昨年の29日から1週間中国に滞在していました。その間婚約者
の母親が入院していましたので、殆んど病院の中で過ごしていました。
帰国して直ぐに欲しかったのは熱い風呂です(笑)
ところが翌朝になり微熱がある。その日は日曜日でしたので一日安静。
翌日は仕事に出たのですが、帰ってからまた熱い風呂に。翌朝また微熱が。
これは、ひょっとしたら病院で院内感染。やばい!
直ぐ主治医に見てもらい、念のため抗生物質の点滴。私の職場は
食品工場であり、私はその工場の安全衛生委員です。
仕方がないから自主出勤停止。でも、翌日から何ともありませんでした。
中国ではやはりこんなことが心配ですね。(汗)

  • 2008/02/08(金) 08:28:02 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

Re:ひょっとしたら

>こうちゃん
今のところ、遼寧省では「人→人」感染の禽流感は報告されていませんから大丈夫でしょう。
でも、食品関係の仕事となれば、大げさに見えても慎重に対応した方が良いでしょうね。
中国帰国社員から新種のウイルス検出!□△食品は危険がいっぱい!!
なんて、報道されたら、ヤバイですからね。

  • 2008/02/11(月) 10:16:56 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

パンデミックに備えて

パンデミックは時間の問題でやってきます。そのために、今のうちから自分の身を守るための準備をしておきましょう。以下のサイトが参考になると思います。
http://pandemic.ninja-x.jp/

  • 2008/02/23(土) 11:41:05 |
  • URL |
  • mika #-
  • [ 編集]

パンデミック情報

>mikaさん
パンデミックの詳しい情報をありがとうございます。

  • 2008/02/24(日) 08:44:46 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

軽んじている?

数年前のSARSのこと、思い出しました。2003年でしたか。
あの時、騒ぎになった割には静かに収まったので、今回の鳥インフルエンザに対しては安閑と構えているように思います。

SARSのとき・・・そうそう、確か中国駐留の方は、日本への渡航を制限されたんでしたっけ?
うちの専務は、こっそり帰ってこようとして、社員からブーイングの嵐を浴びました。結局中国に足止めされたわけですが。
だって、保菌者と接触した人は、家族を含めて全部隔離という措置だったので。(当たり前ですが)内緒で帰国なんて、とんでもなく迷惑な話です。ちゃんと検査して太鼓判押されてからならともかく。

北京オリンピックも、ますます不安です。

  • 2008/02/24(日) 15:06:25 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/722-9294a8ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。