大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルビン1(氷雪大世界)

ハルビン観光に行って来た。
ハルビンは、大連から900キロメートル北上したところにある黒龍江省の省都だ。2001年の調査資料によると人口は935万人で、東北3省で最大の都市である。しかし、拡大した行政区画の数字とは別に、いわゆる市内の人口は350万人位で、実質的には瀋陽の方が大きい街らしい。因みに大連は行政区域の大連市の人口は600万人と言われるが、市内部分の人口は250万人程度だ。
冬には、マイナス40℃に達する(温暖化のため今年は-25℃程度だって)極寒の地で、1、2月の氷灯節が有名である。
大連に5年もいて、ハルビン氷祭りを見ていないのは、問題だとばかりに、意を決して行ってみることにした。時間がないので、土曜日の夕方の飛行機で飛び、日曜の夕方に帰って来るという強行軍だ。

2月2日、1回めのトライは、悪天候のため飛行機が飛ばず不成功!!
日を改めて、2回目は、予定より10分早く着いた。飛行時間は1時間20分ほど。
目標はただ一つ。「ハルビン氷雪大世界」だ。
080216hyo1.jpg
「第九届」とあるのは、「第9回」という意味だから、2000年からこのスタイルになったようだ。
ここが入場門で、ここだけ見て帰るならば、150元の入場料を払う必要がない。
(同じような構造物が並んでいるだけなので、ここで無料で帰るのが正解かもしれない)

080216hyo7.jpg
これは、松花江の氷を切り出して川縁に放置されていた氷のブロックだが、会場内の氷の建築物は、このブロックを積み重ねて作られている。接着剤は水だ。
気泡が少なく結構透明なので、内部に照明を点けると、輝いて見えるのでとてもきれいだ。これが、氷灯と呼ばれるゆえんだ。
昼間見ると、ただの白い建物なのだが、夜間にライトアップすると、まるで別物のように輝く。
おとぎの国のガラスの街とう風情だなぁ。

080216hyo2.jpg
 会場内でひときわ目立つのがこのタワーだ。高さは、どのくらいかなぁ?30メートルくらい?
塔の先端には、オリンピックの五輪マークが掲げられている。

札幌雪祭りの建造物は、自衛隊が活躍しているが、こちらハルビン氷祭りは軍隊の力は借りず、全て民間業者で作っているそうだ。

以下、色々な建物を並べるので、見てくれ。

暖冬とは言っても、マイナス20℃の環境は、顔が痛い。このピリピリ感が、余計にきれいに感じさせるのかもしれない。
080216hyo3.jpg
 
080216hyo4.jpg
 
080216hyo5.jpg
 
080216hyo6.jpg


場所は、市中心部から松花江公路大橋を渡って西側の郊外に位置する。
080223haerbinmap.jpg

コメント

でっつさんにしては

めずらしく、色の綺麗な写真だ。
色はどうやって出しているんでしょう?
LEDならもっと明るく鮮やか?

  • 2008/02/21(木) 21:58:37 |
  • URL |
  • hexue #HdCTe9Y6
  • [ 編集]

私も行ってました

ハルピンに冰灯を見に行かれたのですね。
私も2/1~2/3の日程で行っていました。もし第1回目のトライで飛行機がちゃんと飛んでいたら、同じ日にハルピンにいたことになったのですね。
こちらは日本からで、新幹線で新潟まで行って、新潟からの直行便でした。帰りは朝早い出発だったので、でっつさんとさほど変わらない強行軍の日程といっていいでしょう。
「目標はただ一つ。『ハルビン氷雪大世界』」とありますが、日程からすると、翌日に太陽島の雪博の方にも行かれているのだろうと思いますので、続編に期待しております。
冰雪大世界がまだたったの9回目なのにはおやと思いましたが、歴史があるのは街中の兆麟公園で行われている冰灯艺术游园会の方で、そちらは34届でした。
タワーの高さは、どこかで54mと見た記憶があります。
私の旅の方は、一緒に行ったaripさん(http://arip.exblog.jp/)が実に詳しい旅行記を書かれています。私の方は、自分のblog上のフォトアルバムに写真をたくさんと、YouTubeに撮影したビデオを置いておきました。
http://www.youtube.com/watch?v=E3N_WU-LjuQ
http://www.youtube.com/watch?v=8UFivN6nY6w
http://www.youtube.com/watch?v=_QA5HAJUzzA
よろしければご覧下さい。

  • 2008/02/21(木) 22:49:55 |
  • URL |
  • Erlang #nL6A2.tM
  • [ 編集]

懐かしい美しさ

懐かしい美しさですね。
10数年前、駐在中の大連から飛行機の切符が取れなくて、
列車で17時間、じっと我慢をしただけはありました。
寒さの為、氷の中の蛍光灯も氷が溶けなくて大丈夫なんですね。
現地で買ったカメラが寒さで電池の消耗が早く、
閉口したのを覚えています。
その頃よりももっともっと綺麗でおしゃれになっていますね。

  • 2008/02/22(金) 11:43:05 |
  • URL |
  • nabe #HKfpfhn2
  • [ 編集]

哈爾濱の氷祭り、ついに見る事ができて、良かったですね。私も、一度は挑戦してみたい……哈大高速鉄道ができたら、それに乗って行ってみたいところですが、まだまだ先でしょうか。

それにしても、背の高い建物が多いですね。祭りが終わったら、どのように取り壊すのか、ちょっと心配になります。

  • 2008/02/23(土) 21:18:14 |
  • URL |
  • くらぞー #cuwqo3Ug
  • [ 編集]

コメントありがとうございます

>hexueさん
光源はどうやら蛍光灯のようですが、色をどのように作っているのかわかりません。氷を通ってくるひかりは、何か幻想的ですね。

>Erlangさん、コメントありがとうございます。
兆麟公園の方は、時間の関係でいけませんでした。昼塀の隙間から覗いてみましたが、作品は小さいけれども、氷雪大世界よりも緻密で芸術的な感じがしましたね。太陽島は翌日行きましたが、日当たりの部分は大分溶けかかってていました。

>nabeさん、こんにちは。
列車で行く方法も検討したのですが、手っ取り早く飛行機を選んでしまいました。確かに、デジカメの電池がすぐ消耗してしまいますね。懐のの中で暖めながら撮影しました。

>くらぞーさん
哈大新幹線の実用化は2010年の計画ですが、必ず遅れますよ。
新幹線が出来たら、3時間ですから、飛行機の価値が減少しますね。新幹線はともかく、一度ご覧になって損はないと思います。
でも、写真を見たとおりですけどね。

  • 2008/02/24(日) 08:38:48 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

私も行きました

はじめまして。Erlangさんに紹介され来ました。
Erlangさんと一緒に行って来ました。遅いと汚くなるということだったので2月の最初に行って良かったようです。行ったときは天候に恵まれ思ったほど寒くありませんでした。まぁ、本当に寒いと参ると思います。
分公司が大連開発区に有って4年前は何回か行ったのですが、中国語の勉強を始めたら行く機会が無くなってしまいました。気楽に旅行してます。

  • 2008/02/24(日) 11:04:18 |
  • URL |
  • arip #LkZag.iM
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/725-2a995762
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。