大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽札分析 農夫10元札

大規模な印刷機を動かして、リスクの高い偽札犯罪を決行するに当たって、価値の低い10元札を選んだ根拠が分からない。
多くの人の手を通して、たまたまオレの手元に回ってきた農夫10元札の偽札だ。

10元の偽札など本当にあるのかと疑っているあなた。以下の写真を見てください。紛れもなく偽札です。

0804nise101.jpg
紙幣の全体写真。上が真券、下が偽札だが、この段階では真券と偽札の区別がつかない。
0804nise108.jpg
どこの国でもそうだが、偽札の最初のチェックポイントは、透かしの有無、出来不出来だ。下の紙幣には透かしがないので、一発で偽札と分かる。
盲人の触覚のために4つの黒い点が、突起印刷されているが、使い込まれたお札では突起具合が分からない。新札ならオレでも分かる。偽札は、突起印刷がされていない。

0804nise102.jpg
中国偽札では、国章の印刷精度をチェックすると分かることが多い。
左が真券、右が偽札。

0804nise103.jpg
更に拡大して天安門部分をみると、粗さが一目瞭然だ。

0804nise104.jpg
次の偽札チェックポイントは、肖像画の目だ。
上が真券で下が偽札。真券の方もあまり綺麗ではないが、比較すれば偽札の粗さがよく分かる。

0804nise106.jpg
瞳の部分を拡大してみると、こんな感じで、線と言うよりもドットの集合体だ。

コメント

目を見りゃ

「偽のお札は目を見りゃ解る」・・・・今度大連に行ったら天津街でルーペを買います。
偽札のほうが価値がありそうですね。。

  • 2008/05/01(木) 18:47:20 |
  • URL |
  • 大黒さん #-
  • [ 編集]

あと4枚

>大黒さん
これから、あと4枚の偽札を紹介するつもりですが、どれも瞳を拡大してみると必ずわかります。
でも、いちいちルーペで確認するのも大変ですよ。

  • 2008/05/01(木) 21:20:14 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

ルーペは無駄な買物かも

そうですね、自分で判断するより長年の経験で鍛えられた現地の商人に判定してもらうほうが良さそうですね。
貰った偽札を使ってもブチ込まれる事はなさそうですから突き帰されたら偽札の可能性ありということで。
やっぱりルーペは無用です。

  • 2008/05/02(金) 19:46:13 |
  • URL |
  • 大黒さん #-
  • [ 編集]

ルーペ

>大黒さん
ルーペはそんなに高くない物を選んで、ひとつ持っているとあれこれ楽しめますよ。偽札鑑定には、10倍、20倍くらいの倍率があると良いです。

  • 2008/05/03(土) 09:04:22 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/748-a45abe0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。