大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンポポの葉っぱ

今日も、路上商売の紹介シリーズだ。
とにかくいろいろな物を売っているが、今日はこれを買ってしまった。タンポポの葉っぱが一山で1元だった。

爺さんがネギなどの野菜と一緒に広げていた葉っぱだが、どう見てもタンポポの葉っぱだよね。きっと爺さんが、山に自生していたのを取って来たに違いない。

野良仕事で稼ぐ金って、時給換算すると2~3元くらいだと聞いたことがある。とすると、この葉っぱを集めるのに、20~30分くらいかかったってことかな。いやいや、タンポポの生え具合にもよるがそんなにはかかっちゃいないだろう、せいぜい10分くらいで採れるんじゃないか。と言うことは、この山が、一元で売れれば、この爺さんにとってはかなりいい稼ぎになるってことか。

一般の工員の給料を割り出してみると、月給が650元として、月23日出勤、1日8時間労働で計算すると、時給3.4元になるから、野良仕事よりはマシってことだ。仕事も安定しているし。こうして計算してみると、
学生バイトの家庭教師の時給が20~30元って、すごい高級なんだな。

タンポポの葉っぱは、サラダでも食えるのだが、虫の卵などの不安があるので生食は止めて、お湯で湯掻いて食べた。新鮮な山葵漬けを頂いていたので、これを使って山葵和えにして食べた。ちょっとほろ苦くて、美味しかった。
またまた決まり文句だが、ビールのつまみには最高



毎日1回、中国ランキングと、ブログランキングをクリックしてください。人気投票したことになり、順位が上がります。謝謝!
キーワード:野草、自生、和え物、時給、月給、工賃、賃金

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/75-fa5abd59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。