大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンガの建物

四川省の大地震では、すでに3万人が亡くなり、生き埋めや行方不明の人数を考慮すると、最終的な死亡者数は、5万人を超えると予想されている悲惨な災害だ。二次災害や疫病などが広がらず早く復興してくれることを望むしかない。
ニュースを聞いて最も悲惨だと感じたのは、学校が崩れ落ちて、子供たちが丸ごと生き埋めになった事例が1校2校ではないと言うことだ。これは、建物の構造に由来する人的被害だと思う。

今回の地震エネルギーは阪神大震災の20倍とか30倍とか言われているので、被害がある程度大きいのは止むを得ないのだが、人的被害を拡大したのはレンガ壁による建物のせいだと思っている。

レンガ壁の危険性については、一皮剥けばレンガの壁に書いたことだが、予想通りレンガが崩れ落ち、隙間なく積み上がって、人が這い出る隙間を埋めてしまった。ニュース写真を見ると猫も入り込めないほどの瓦礫の山になっている。

レンガの壁をもう一度説明しておくと次のような構造だ。
建物の内部はこんな風に柱が梁と上階の床を支える骨格を構成している。基本構造には壁はない。
060722koji.jpg


間仕切りの壁は、このようにレンガを積み重ねてセメントで固めている。壁の中には鉄骨や鉄筋はなくただレンガを重ねているだけだから、強度は期待できない。
051214len2.jpg


051214len1.jpg
小さな壁は、レンガを横に使って薄い壁になる。

こんな構造だから、間仕切りの変更は簡単だ。レンガをハンマーで崩せばよい。
人間がハンマーで叩いて崩れる壁だから、地震エネルギーで振動を与えたら、簡単にレンガ壁が崩壊するのは誰でも分かるだろう。震度4くらいで崩れるような気がする。

大連は地震がないから関係ないとは言っていられないだろうな。(本当は)

成都住在のKMさんからコメントを頂きましたので、要点を掲載します。
全文は下のコメントをご覧ください。
=====
成都からKMさん

成都からの報告です。アメリカの地震専門機関での解析で、当市の震度は4~5弱に相当するとの報道に接しています。しかしながら、私の大学で上記(震度4くらいで崩れる)の現象はまったく起きていません。壁表面の漆喰に何か所かひびが走った程度です。

ようするに、建物の基本的強度は柱にあります。壁はあまり強度に関係していません。ですから、報道の映像で見る倒壊した学校、例えば都江堰市の中学の場合もビルであり、基本的に柱の強度が不足していたことによる崩壊と見るのが妥当です。もちろん壁にも強度を負担させ、このため壁も鉄筋を入れる構造にしておくことがよいことは当然です。ですが、これは日本のような地震国でいえることで、世界の大半の国はそうなっていません。
=====

コメント

大連も20年ほど前にあったときいたことがあります。
近くに温泉があることをみると地面が活動してるということですよね。
まあ、この構造です。生き残る事は難しいでしょう。出来たら残るのも嫌だし、誰かを残すのも嫌。大連に家族4人で来たのだから地震のときも同じように逝きたいですね。
今回は他人事で済んでよかった。
幼稚園などで寄付などを募ってますがきちんと被災地の届くのだろうか・・・・と思ってしまいます。
中国社会を経験してると素直に考えれない。全て斜めから見てしまう。
悲しくなるけど現実です。報道の仕方にも疑問が・・・・。
幼稚園での子どもへの洗脳教育も。我が娘から驚くべき言葉が・・・・。
日本の援助隊が中国入りした日の夕方。
 「中国は日本で地震が起こったら助けに来てくれるんだよね~」
と!!!子どもの言うことだから詳細は分からないが我が子の心に印象づいたのはこのような言葉だったのは事実です。

  • 2008/05/19(月) 10:13:58 |
  • URL |
  • marorotti #-
  • [ 編集]

私はそうは思わない

すみません。上記のコメント内の「他人事で済んでよかった。」という発言を
どのように解釈したらいいのか、わかりません。

また、私は細胞レベルでも生きていたいと思っています。家族に対してもそう思います。
「はだしのゲン」で、瓦礫に埋まった子供2人と父親を残し、母親がゲンと二人で必死に逃げるシーンがあります。「皆を残しては行けない、私も残る。」と言うゲンの母親を、父親は叱ります。
私がこの父親の立場だったら同じことを言うだろうし、母親の立場であっても、
一人助かった子供を連れて逃げるでしょう。私は最期の瞬間まで「母親」をまっとうします。

ブログですが、いまだにつながりません。また、裏技を教えてもらおうかとも思うし、
別ブログを立ち上げようかとも思っているのですが、なんかその気になれません。

  • 2008/05/19(月) 11:47:33 |
  • URL |
  • o-chuck #IY7bLZJE
  • [ 編集]

成都から

>人間がハンマーで叩いて崩れる壁だから、地震エネルギーで振動を与えたら、簡単にレンガ壁が崩壊するのは誰でも分かるだろう。震度4くらいで崩れるような気がする。

成都からの報告です。アメリカの地震専門機関での解析で、当市の震度は4~5弱に相当するとの報道に接しています。しかしながら、私の大学で上記(震度4くらいで崩れる)の現象はまったく起きていません。壁表面の漆喰に何か所かひびが走った程度です。

ようするに、建物の基本的強度は柱にあります。壁はあまり強度に関係していません。ですから、報道の映像で見る倒壊した学校、例えば都江堰市の中学の場合もビルであり、基本的に柱の強度が不足していたことによる崩壊と見るのが妥当です。もちろん壁にも強度を負担させ、このため壁も鉄筋を入れる構造にしておくことがよいことは当然です。ですが、これは日本のような地震国でいえることで、世界の大半の国はそうなっていません。

日本のレベルから見れば低いですが、中国にも耐震基準はあります。問題はこれが遵守されていないことです。これには、中国には地震はないという、中国人一般の常識(在中国の日本人もそうでしょう)が妨げとなっています。

日本でも、古いビル(特に学校)は現在の耐震基準を満たしておらず、東京に直下型地震が起きたら、その過半は崩壊すると専門家は警鐘しています。

ここでは、中国のレンガ積みの壁を問題にするより、他山の石として、日本の地震対策(意識も含めて)を再検討する必要があるでしょう。

  • 2008/05/19(月) 12:20:52 |
  • URL |
  • KM #-
  • [ 編集]

やりきれないですよ。

歴史を振り返っても、中国では大きな地震がたびたび起きていますよね。
世界三大地震のうちの二つは中国ですし。
でも、中国人は皆、口をそろえて「中国、地震ありません。日本と違いマス」と言います。
その言い切りの根拠は何?、と不思議でした。
自分が生きているうちは起きない、ということでしょうか?
だから、レンガ作りで「没問題!」としているのだろうか・・・。

昨年結婚した友人は、大連の新しいマンションに新居を構えています。
とても素敵な内装にため息がつきましたが、
「5階かあ・・・大丈夫かな?」と、日本人の私は、まず思ってしまうのです。でも周りの中国人でそんな心配をしている人は誰もいません、当然ながら。

大連は影響がなかったようですが、私のフォスターチャイルドが陝西省にいるので、安否が心配です。まだ情報が混乱していて、はっきりしたことが解かりません。

これから中国はどうなっていくのでしょうか。世界も日本も影響を受けるでしょう。経済、環境、農作物、伝染病、放射能汚染?・・・とても不安です。


  • 2008/05/19(月) 19:00:13 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

どのように生き延びるか

>marorottiさん
募金活動と言うのは、日本でも信用できない部分がありますから、中国ならなおさらですね。直接成都に送りたくなるくらいです。
四川地震に絡んでこんな質問をされました。
「世界の最後に、あなたともう一人だけ生かしてやると言われたら誰を選びますか?」
想像される答えとしては、妻(夫)、子供、親、兄弟、恋人などが挙げられますが、子供が二人いたらどちらを選ぶの?って。私の答えは、
「世界中で二人だけ残されても辛いだけだから、地球と共に滅ぼしてくれ!」
と言いました。正解かどうかは分かりません。
それはそれとして、幼稚園の教育の主旨がつかめませんね。

>o-chuckさん
極限の状況に面した時の人の対応には、恐らく正解はありません。
細胞レベルでも生き延びたい、すごい生命への執念を感じる言葉です。
はだしのゲンは原作を見たのですが、大分前なのでこのシーンは覚えていません。ちょっと横道にそれますが、よく言われる「正当防衛」について正当な(?)権利を行使できる人がどれほどいるでしょうか?正当防衛なら、人を殺めても良いのか?自己が生きるためなら他人の食物を略奪しても良いのか?
その一方で、他人に食物や水を他人に譲り自ら死を選んだ人の美談もあります。人間の尊厳って、単純に論ずることはできませんね。
ブログ再開は、時間をかけて心を整えて、やりたいときに再開すればよいでしょう。あせる必要はありません。
もし、別タイトルで再開するときはご連絡くださいね。

  • 2008/05/19(月) 22:30:53 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

『「他人事で済んでよかった。」という発言を どのように解釈したらいいのか、わかりません。』という意見に・・・言い訳になるのかな・・・表現が不適切だたったのか?
大連で起きなくて良かったという気持ちは大連に済んでると一瞬でも感じなかったのだろうか?私は感じた。
自分の知り合い、友人、家族が被災していたらこんな風にコメントできるだろうか?
我が身に起きたことならこんな風に冷静にでいれないだろう。
きれい事では済まされない現実がでてくるだろう。
 中国の大学入試が近くてご両親をなくされた学生が今、被災した環境で必死に勉強している。大学に入ることが親の供養になるからと。
 こんな風に強い人はすごい。私はそんなに強くは無いと思う。
 一人残されたら生きるしかないけど、前向きに生きれるか不安だ。
 また、子どもを残して先立つなんて・・・・それも、考えれない。幽霊になって子どもの周りにいてるだろう。
 今、自分に出来る事はご冥福を祈ることと復興を祈ることくらいしかできない。
 

  • 2008/05/19(月) 22:32:42 |
  • URL |
  • marorotti #-
  • [ 編集]

Re:成都から

>KMさん
レンガの壁が即危険だとは限らない。成都でも大学の建物はしっかり建っていた。壁よりも柱の強度が需要だ。
これらの部分については、私の書き方が誤解を生んでいるかもしれませんので、KMさんのコメントを引用して本文に付け加えました。
ただ、柱がしっかりしていても、レンガは崩れやすいだろうし、万一崩れたら隙間なくかぶさって来る危険はあると思います。
耐震構造の一つでしょうが、最近の日本の建築物では、斜めのはりを良く見かけるようになりました。また、ツーバイフォー工法では柱がないので、昔のような柱と屋根が組みあがったところでの「建て前」の儀式が見られなくなりました。
でも、震源地近くで無地でいらっしゃって何よりです。こうしてコメントをかかれるのですから、インフラも安泰だったようですね。
マスコミで報道されない、地震後復興の生の声などをお寄せください。

  • 2008/05/19(月) 22:45:56 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

フォスターチャイルド

>カンカンさん
フォスターペアレントだったのですか?
私も以前アフリカにフォスターチャイルドがいましたが、その国は内戦を繰り返して、ついに連絡が取れなくなってしまいました。自然災害は仕方がないですが、内戦による混乱は許せません。でも子供たちには罪がないんですけどね。

  • 2008/05/19(月) 22:52:00 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

大連でなくて良かった

「他人事で済んでよかった。」と
「大連でなくて良かった。」と
言っている意味は大差ないと思いますが、上がやや排他的、攻撃的に聞こえるのかもしれませんね。

同様に、正面衝突の交通事故の現場で(どちらに責任があるかは別にして)、うろたえている母親がつぶやく
「あなたが死ななくて良かった」と言えば、だれにも責められませんが
「他の人が死んで良かった」となれば、死んだ身内の人から恨まれることでしょう。そんな感じでしょうか?

marorottiさんのブログやこれまで頂いたコメントを通して、そんな攻撃的な、排他的な人とは思えません。ほっとした瞬間につぶやいた一言なのでしょうからあまり気にしないで。

  • 2008/05/19(月) 23:09:50 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

基準同じ?

KMさん。
震度の基準は各国共通でしょうか。でっつさんの4とアメリカの分析の4が同じとは限らないと思います。ここは気をつけないとは個々人の感覚が違うところで話をしてもかみ合わない。同じであれば良いのですが。
---
にしても、柱だけで強度を保とうとすると結構な負担が必要でしょう。いまさらラーメン計算はしたくないのですが、単純には「はすかい」がある方が強度負担は小さくなるはずですし、耐力壁があるとそれはされに改善されるはず。車で言うとラダーフレームのランクルか、モノコックのRav4か。いやたとえが変かな。

いずれにせよ、単純な力のかかりぐあいだけではないはず。その方向、振動数、時間諸々を考慮して判断すべき。
レンガも圧縮方向には強いかもしれませんが、側面は要はモルタル接着でしょうから弱いでしょうね。

議論を拝見しての雑感でした。

  • 2008/05/20(火) 22:09:30 |
  • URL |
  • papa_38 #-
  • [ 編集]

私は何が正論かを問うつもりはありません。自分にはなかった考えに反応してしまったのです。
万が一、息子がひとりぼっちになっても、ひとり強く生きていけるように育てる、私は常にそう思っているものですから。こんなことを書くと暗くなりそうですが、両親を早くに亡くすと、遺伝的に自分も短命なのかなって考えてしまうんですよ。

  • 2008/05/21(水) 22:08:19 |
  • URL |
  • o-chuck #IY7bLZJE
  • [ 編集]

中国の建物

家内が大連開発区でマンションを買おうとしていましたが、どうもキャンセルできたようです。
私は大連でマンションを購入したいと思っていますが、一番恐いのが建物の崩壊だと思っていました。
それが、今回の地震で明らかになったようですね。でも、家内は建物の強度は無頓着です。家内の話を聞いていると、どうも多くの中国人も同じようです。

  • 2008/05/21(水) 23:48:25 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

私の個人的な感想

私は阪神大震災で被災しましたのでとても他人事とは思えません。
今回の地震報道のTVを見ていても涙が出てきます。
食糧・水・トイレが不自由な上に、余震で寝れない夜.....。
私に能力と私財があるなら、すべてを地震予知の研究に捧げたい。
地震に悲しむことなく、恐れることのない世界を作りたい。

  • 2008/05/22(木) 21:03:14 |
  • URL |
  • ときどき大連駐在 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/760-71dc9f6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。