大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも中国人に騙される日本人

先週、19日に北京オリンピックの聖火リレーが大連を通過した。
聖火リレーとは名ばかりで、単なる儀式に過ぎないようだ。ともかく大連の領事館も参加して無事に済んだようだ。
また、オリンピック関連では、開会式の8月8日に入籍したいというカップルが多いことが予想され、当日の窓口の混乱を避けるために、結婚登録の予約受付を7月29日から開始するそうだ。

さて、先週は「いつまでも中国人に騙される日本人」という本を読んだ。
2008年7月20日初版発行と書いてあるから、出たばかりの本だ。
著者は、元警視庁の刑事で、警察庁語学教養機関で北京語を学び、通訳捜査官として中国人の取調べに当たった人なので、オレなんかより、遥かに権威のある人だ。
080727 011

この本の中心となる第2章のタイトルをあげてみると
第二章 中国人の8大特徴
  1、中国人は反省しない
  2、中国人は嘘をつく
  3、中国人は友情に厚い
  4、中国人はお金にこだわる
  5、中国人はやたら喧嘩腰
  6、中国人は家族思い
  7、中国人は自己主張が強い
  8、中国人には自律心がない

なにやら、オレが当事典で書いて来たようなことばかりだなぁ。
この程度のことをまとめて本が出せるのならオレも書いてみようかと思ったくらいだが、誰も依頼に来ないだろうな。

この本の主張は、大五章 なぜ日本人は危機意識がないのか のまとめであろう。
密入国の中国人がどんどん日本に流れてきても、危機意識のない日本人は、善良な外国人とのお付き合いを目指すのだが、気がついたときには、立場が逆転していることになりゃしないか。

最近この手の本、つまり、韓国も含めてだが、隣人たちは心優しき人ばかりではないぞ、もっと警戒しようよ、って本が増えているようだ。

コメント

さっそく

明日、本屋に寄った時にでも!

先日、どこかの政治家さんが「1000万人移民受け入れ計画」とか言うのを発表しましたね。労働力確保の目的のようですが。
その後どうなったのかしら。

  • 2008/07/29(火) 19:36:32 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

わざわざ買わなくても

>カンカンさん
わざわざ買わなくても、内容はだいたい想像できます。750円もしますよ。
書店を眺めていると、この手の本が増えていますね。

  • 2008/07/30(水) 05:54:32 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/769-173401be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。