大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックにおける男女平等

ついに北京オリンピックが開幕となった。
08年8月8日8時。
ここまで8を並べたら、中国のことだから、もう一声、8分8秒開始となると予想していたのだが、裏切られてしまった。

男と女は、骨格の太さ、筋肉の質、身体の構造が、生まれ着いての役割のために違いがあることは当然で、女の方が力が弱い。 だからこそ、スポーツでは、種目を男子と女子に分けて別々に競技している。 しかし実社会では、男女の区別をしないことも多い。 たとえば、政治家になるためのステップである選挙では男女の差を考慮しないし、大学受験でも男女の差を区別しない。
こんな観点で、オリンピック種目を眺めてみた。
つまり、男子と女子が区別なく競技して、あるときの表彰台で、金メダルの台には女性が、銀メダルの台には男性が上がる、そんな競技がないだろうか? と、探してみた。
男女が同時にプレイする競技として、バドミントンのミックスダブルスがあるが、これは、男と女が1名ずつと決められているので、ここの主旨とは違う。

自分の頭の中で考えてみた。
水泳や陸上競技は、筋力の差があるから所詮無理だろう。ましてや格闘技は話にもならない。
体力よりも、集中力や精神力を問われる競技なら、男女共通種目があるかもしれない、それなら射撃はどうだ! アーチェリーはどうだ! 
調べてみたが、射撃もアーチェリーも全種目男女別の競技だった。

それじゃ、今年、66歳と言う最高齢でのオリンピック出場が話題になった法華津寛さんが参加する馬術ってひょっとしたら男女区別がないのではないか? 何しろ主に運動するのは馬であって、操る人間は力を必要としないから。
馬術に詳しい人には、何をいまさらと言われてしまうが、馬術は、馬場馬術と障害飛越など団体を含めて6種目がすべて男女共通である。1932年のロサンゼルス大会で西竹一選手が障害飛越個人で金メダルを獲得している。 最近の馬場馬術ではオランダの馬術の女王と言われるアンキー・ヴァン・グルンスヴェンという女性が、96年=銀、2000年=金、2004年=金で、北京で金三連覇を狙っている。彼女は、団体戦で92年、96年、00年と連続して銀メダルを獲得しているので、すでに2個の金、4個の銀メダルを所有している。北京ではどうだろうか?谷亮子と同じくママさんメダリストだ。 男女共通の種目で女子が活躍しているベストモデルだ。

更に探してみると、意外なことにセーリングに男女共通種目があった。 
セーリングでは、大会毎に種目が変わるが、北京では、シングルハンドオープン・レーサー(フィン級)、ダブルオープン(トルネード級)、マルチハンドオープン(49er級)という3種目が男女共通だ。 セーリングでは、女性選手が男性を抜き去ることも珍しいことではないそうだ。
余談だが、セーリング会場は青島だが、大会が迫ってきたら急激に藻が生えて大騒ぎになったニュースをご覧になった方も多いと思うがが、実はこの藻は韓国海苔の原材料となる「青ノリ」であることが分かったので韓国に輸出を検討しているって、ホントかなぁ。参考写真はこちら

体力に関係ないはずの将棋や囲碁の世界では、女流と称して女子を分けているのはなぜだろう。
「話を聞かない男、地図が読めない女」の本では男脳と女脳と言う言葉を使っているが、それが関係しているのだろうか?

===以下雑感===

早速競技が始まり、日本人メダル第1号かと期待を集めていた重量挙げ女子48キロ級の三宅宏美は6位に終わった。北京オリンピック第一号中国人金メダルは、陈燮霞だったので、中国では例によって100万回くらい繰り返し放映したことだろう。それにしても、陳は212キロと圧倒的な強さで、2位のトルコ人199キロに13キロの差をつけての金メダル、ご立派。

ママでも金と3連覇を狙った谷亮子は、微妙な反則判定で金を逃したものの、3位決定戦で銅メダルを確定した。金を失い失意の中の決定戦できちんと一本を決める、この辺の気持ちの切り替えはたいしたものだ。新聞などの論評を見ていると、谷の体力的な衰えが形として現れたもので、ある程度予想できたことでもあったようだ。素人目には、一方的な反則判定に違和感を感じたのだが、柔道では良くあることだと聞かされれば納得するしかない。

柔道では、野村を抑えて出場した平岡は何もできずに初戦敗退。野村を出しておけばと言う声が聞こえるが、国内予選を勝ち抜いての結果なのだから、いまさらどうこう言う方がおかしい。

日本人選手金メダル第一号は、柔道男子66キロ級の内芝正人、積極的に攻めて立派な金メダルだった。初めてのオリンピックで十代の柔道女子の中村の銅メダルも立派、これからに期待したい。

大連にいる皆さんには、放送権の都合で動画をご覧いただけないのが誠に残念である。哈哈哈!

コメント

盲点でしたわ

性差の無い競技、というのは今まで考えたことも無かったです。
でっつ様の着眼点に今さらながら感心させられます。

でも、馬術はなるほど、と思いますが、セーリングも、とは意外でした。
体力いると思うのですが。
そうそう、セーリング会場の藻の大量発生は大きなニュースになっていましたね。その除去の様子の記事を何度も目にしました。
でも、「アオノリうんぬん・・・」というのは、あまり報道されていないのでは?
一部での報道を確認後、他のニュースソースで検索したのですが空振りでした。
日本でも報道規制があるのでは、と勘ぐってしまいます。

「アオノリだった」って・・・・
除去作業の時、薬品撒いたりしていましたしねえ。
韓国に輸出されたものが巡り巡って日本に入ってくるのでは?という心配もあり。
第一、韓国の方々はこの件に対してどう対応するつもりなのでしょうね?
いろいろ疑問です。
でっつさま、何か情報をお持ちでしたら教えてくださいませ。

  • 2008/08/11(月) 09:30:40 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

オリンピック繋がり

開幕式で「歌唱祖国」を独唱していた林 妙可ちゃんは楊 沛宣ちゃんの独唱に「口パク」をしていたことが判明した。

音楽総監督の陳 其鋼氏は「国家の利益のため、対外的なイメージに配慮した」と述べ、北京五輪組織委員会広報担当者は「楊 沛宣は歌声が最も良く、林 妙可は最も美しかった」と語った。

ニューヨークタイムズ紙は「中国は五輪を完璧なイメージで世界に示す場にしたかった。 完璧さこそ開会式の目的だった」と論評した。

AP通信は、実際に歌った楊 沛宣ちゃんがポチャッとした顔立ちで、歯並びも良くなかったことから「開会式に相応しいほどの容姿ではない」と判断され、「歌う様子を演じた林 妙可ちゃんは逆に声が完璧でない」とされ、共産党最高レベルの幹部がリハーサルの最終段階で決定したものだと報じた。また、「体面を気にする中国が完璧な五輪を作ろうとした一例」と指摘、「中国の完璧さの追及は子供たちをも巻き込んだ」と批判した。

CNNは二人の顔写真を併載し、「相応しい容姿でない?」と疑問を呈する形で伝えた。

どのようなコンテクストで語られようが、国家の威信や体面のために、失敗の許されない完璧さを演出する、その裏に潜む現代中国のなりふり構わぬ姿勢は、これら少女たちの人格や人生(勿論そんなものは最初から存在しないが)まで赤く染めてしまうようだ。 彼女たちの「档案」には何と記載されるのだろうか....................

  • 2008/08/14(木) 21:07:24 |
  • URL |
  • hexue #HdCTe9Y6
  • [ 編集]

男女混合種目

先日、谷亮子さんが出場した柔道ですが、早く仕事を終えて見たかったのですが、家内が研修生時代にお世話になった方(中国人)のお宅へ夕食の招待を受けて行っていました。
私も仕事が終わり次第にすぐ来るようにと言われたので、柔道の結果を知りたくて飛んで行きました。
「柔道はどうだった?」『日本人の女性は強かったよ』「じゃあ金メダル?」『分からないけど全部勝った』「だったら金メダルだよ」
でも、TVの中継を見ていたら準決勝に谷亮子が出ているではありませんか
「あっ、負けたんだ」
『ところで老公、柔道は男性と女性が試合するんだね』
「あはは、それはないよ。男性は男性と、女性は女性と試合するんだよ」
『でも、さっき男性と女性が試合していたよ』
「それは嘘だよ、絶対に無いよ」と話していたら、ご招待してくださった方も
『本当に男性と女性が試合していました』と言うではありませんか。
何度も二人に否定したのですが、『絶対に男性と女性が試合をしていた』と繰り返し言います。
どうも、男性みたいな女性の選手が出ていたようです。中国人は柔道になじみが無いのでルールがよく理解していないようです。(笑)

  • 2008/08/17(日) 07:23:11 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

年齢詐称疑惑

>>hexue さん
>>その裏に潜む現代中国のなりふり構わぬ姿勢は、これら少女たちの人格や・・
体操競技、フィギャアスケートは、出場選手が低年齢化し過ぎたために年齢
制限を行うようになりました。
思春期前の小柄な体形の方が身体のコントロールなどの点で有利だと言う理
由で、年端のいかない人間の本人の意志も酌まずに、五輪出場のためだけに
育て上げるやり方に問題があるということで制限されるようになったと思い
ます。
中国でなくてもメダル獲得の為に、なりふり構わ出場国の姿勢が背景にあり
ます。

中国の女子体操の何可欣、江[金玉]源選手が、過去の一部の資料の生年月日
の記録に、出場可能年数に達していないものがあったと言う疑惑が持ち上が
りました。旅券発行の元になっている戸籍上の記録では可能年齢に達してお
り問題ないということになりました。これも本当に戸籍通りの年齢が正しい
のか当局ぐるみで戸籍記録を改竄したのか検証のしようもないですし、戸籍
にある記録を信用するしかないです。

  • 2008/08/17(日) 09:21:14 |
  • URL |
  • 水澄 #OtYh42bo
  • [ 編集]

オリンピック

>カンカンさん
アオノリの件がその後どうなったのか分かりませんが、テレビの雑学クイズ番組によれば、射撃は男女共通競技だったのが、中国女子があまりにも強いので男女に分かれたという話がありました。 その関連をネットで探したのですが私には見つけられませんでしたので、真偽のほどは不明です。 そもそもテレビの雑学クイズ番組では、出典が怪しいものが結構ありますからね。

> hexueさん
硬派の hexueさんらしく、鋭い突っ込みですね。口パクの件は月曜日の記事に取り上げてみました。

>こうちゃん
まだ日本にいらっしゃるのですね。中国では、谷亮子の試合の中継はありませんからね。
私の家内も、52キロ級の中村美里を美少年といい、相手選手を見ても、これって男子競技でしょうって。髪が短いから分かりませんよね。

>水澄さん
体操女子の年齢詐称問題の紹介も月曜日の話題に取り上げました。

  • 2008/08/17(日) 21:43:09 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/771-b7259974
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。