大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

密告情報に30万元

天洋食品による「毒ギョーザ」の倉庫内の在庫品が、関係者の手で知人に横流しされ、中国国内で中毒患者を発生したことで、言い逃れができなくなった中国捜査当局は、ついに奥の手をだした。

それが、密告だ。
報道によれば、『ギョーザ事件「密告」奨励 中国、有力情報に460万円』とされている。

当事典でも中国における犯罪賞金の情報を紹介している。WANTED!年末恒例懸賞金 だが、金額は、1万元、2万元程度であるのに対して、今回の毒ギョーザの賞金は30万元と破格である。それだけ、捜査当局の意気込みが伺える。

密告、たれこみは、中国の歴史的な文化である。
30万元に釣られて続々と情報が集まっているようだが、推理小説まがいのロジックのガセネタ情報も出てくるはずなので、裏づけ操作は慎重にしてもらいたいものだ。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/777-6b7952f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。