大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権、著作物の価値

先週の記事で、見逃したテレビドラマや映画でも、中国のネット上で無料で見ることができると書いたところ、KMさんから、テレビドラマや映画を、タイトル毎にまとめて中国や韓国のサイトにリンクを張っているところを紹介された。 いかがなモノかと思いつつも、誘惑に負けて、気になっていた映画「ミッドナイトイーグル」を韓国系のpandoraで見て、すっかりのめり込みラストシーンでは涙ボロボロで大泣きしてしまった。パソコン画面なので、多少粗いのを我慢すれば、十分にストーリーを楽しめた。もとより、音声は情報量が小さいので、ネット経由でも十分な音質が期待できる。

韓国の状況は知らないが、中国では、著作物に対する評価が著しく低い。 別に外国の作品だけを安く評価して海賊版が出ているわけではなく、むしろ自国の作品は海賊版が出るよりも早く、自ら公開してしまうのだ。

具体例を示そう。
大連新聞網から、当日の大連日報の全紙面がpdfで無料提供されている。
dalianribao081026.jpg

例えば、本日(2008年10月26日)の表紙の一部を示せば、こんな具合に。
煙台市の党政治視察団が大連を訪れ、両市の幹部が話し合ったことが報じられている。
無論、表紙だけではなく、全ページが写真付きでダウンロードできる。
日本なら、会員契約もしていない一般人に、当日の新聞の紙面をそのままダウンロードさせるところはないと思う。

10月26日、日曜日、販売価格は0.7元とあるから、日本円に換算しておよそ10円だ。
何と安いことか!!
日本の新聞は、月極めで約4000円なので、一部130円となり、中国の10倍以上となる。駅売店のばら売りでは更に高い。

新聞に著作権があるかどうかは微妙なところではあるが、中国での著作物、創造物の価値はほぼゼロに等しく、こうした情報物の価値は、紙代、印刷代など単純に材料代と評価されることが常識だ。

先進世界との差を埋めるためには、自国、国内の著作物の地位を高めないことには、いつまでも相互の見識の差が埋まらないし、海賊版問題は解決しない。

コメント

また見させていただきました!
応援ポチッ!!!

  • 2008/10/30(木) 10:06:21 |
  • URL |
  • サトシ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/784-ae4bbd29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。