大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然のアクセス数アップ

この大連雑学事典のアクセス数は、毎日300~500件、平均するとおよそ400件くらいだ。
ところが、11月10日に2500件を超えるアクセスが集中した。前日9日の記事は、「治療費が戻ってきた」と題したもので、それほどの人気になるものではない。

どんなキーワードでこのページに飛んで来たかを調べてみると、「メラミン 牛乳」「辛ラーメン」と「半熟ゆで卵」が上位であるが、千件を超えるような数ではない。

どこのページから飛んで来たかを調べてみたら、Yahooニュースの写真ピックアップのページから2000件以上が飛んできていることが分かった。時間は、10日の10時~15時の間に集中している。
写真ピックアップのページは、日々情報が更新されているので、今となっては11月10日の10時ごろに何があったのかは分からないが、巨大ポータルサイトの影響力の大きさを感じたものだ。

この写真ピックアップを眺めていたら、11日の写真でこんなのがあった。
bara081111.jpg

「大連のホテルで20万本のバラの花が道路を埋めつくす」
加藤登紀子が歌っていた曲に「100万本のバラ」という歌があったが、それを本当にやってしまったところが中国らしい。大連でバラの花は、3元くらいなので、20万本で60万元、つまり1000万円くらいのお金をかけたことになる。ホテルの開業式典費用としては馬鹿騒ぎのような気もするが、中国人的にはアリなんだろうな。
ところで、このホテルの名前をネットで探してみたが、某ホテルとしか書いてなくて分からなかった。
大連住在の方、どこか分かりますか?

コメント

写真と開業日(11月5日)から察するに、友好広場にできた大連遠洋洲際酒店(インターコンチネンタルホテル)ではないでしょうか。

  • 2008/11/17(月) 01:28:35 |
  • URL |
  • だんご #pYrWfDco
  • [ 編集]

これこれ

ミクシイニュースでこの写真見ました。
記事を読むと「大連のホテル」とあったので「おっ?」と思ったりして。

しかし、なまものだから放っておくと悪臭を放つだろうし、始末が大変だったろうなあ、とか、香水に使ったら何本くらい取れるだろうかとか。
いろいろ考えてしまいました。
腐らせてしまうのだから、勿体無い使い方だ・・・
とは日本人の発想でしょうか。

  • 2008/11/17(月) 18:01:42 |
  • URL |
  • カンカン #J7gMWUUA
  • [ 編集]

バラのじゅうたん

>だんごさん
情報ありがとうございます。
他の方からも、有効広場南側の幽霊ビルが開業したところだろうとの知らせがあったので、おそらく同じものだと思います。

>カンカンさんもご覧になりましたか。
真っ赤なバラの花で道路を埋め尽くすなんて企画を考えることはあっても、なかなかな実行できませんよね。日本の企画会社が提案しても、オーナーの宣伝会議で没になることでしょう。また、エコがキーワードになっている時代ですから、無駄を叩かれることでしょうね。

  • 2008/11/23(日) 14:40:39 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

幽霊ホテル

大連に行き始めた頃は道を挟んだグロリアホテルによく泊まったので窓ガラスに分厚く貼り着いた埃と照明が点かない巨大な建物は不気味で当に幽霊ホテルの呼び名がぴったりでした。
今日、はじめて前を通りましたが覗いて見る気にはなりませんでした。
今夜の大連テレビでこのホテルを紹介した特集番組が流れていました。
テレビで見る限りは中国人好みの派手な照明とかキンキラキンな装飾とか開放路の万宝楼と同類に感じました。
元の姿を見たことがある人は泊まり難いかもしれませんね。
私は料金的に無理ですが。(笑)

  • 2008/12/06(土) 23:18:52 |
  • URL |
  • 大黒さん #-
  • [ 編集]

料金は高いですか?

>大黒さん、こんにちは。
万宝楼と言われれば、大体想像が付きます。
赤と金をふんだんに使った、中国伝統の煌びやかさですね。
また、これだけの宣伝広告費を使えると言うことは、それなりの負担を客(料金)に負担させると言うことですね。宿泊料金の一部は、このバラの料金ということです。

  • 2008/12/07(日) 21:22:04 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

チェックしました

幽霊ホテルじゃなくて幽霊ビルでした。すみません。
今日、チェックしてきました。たまげる位綺麗になっていました。
かなり中国人っぽく入っていったんですがロビーの担当者に日本語で声を掛けられました。
料金は800元前後からのようで、シャングリラやフラマに相場を合わせているようです。
万宝楼ほどキンキラではありませんが背もたれが異常に長い椅子とかアンバランスな物が多いです。
中国的というか大連的というか・・・

  • 2008/12/11(木) 21:37:25 |
  • URL |
  • 大黒さん #-
  • [ 編集]

Re:チェックしました

>大黒さん、チェックありがとうございます。
800元というと大連ではかなり高いほうですね。シャングリラ、フラマと同じなら、そっちに行ってしまいませんか。 もし、私が案内するなら、実績のあるシャングリラ、フラマを紹介します。
背もたれが高い椅子は、中国皇帝の流れでしょうか、座り心地が良いとは思いえませんが、偉そうに見えるのが好みなのでしょう。
新しい高級志向ですか。

  • 2008/12/15(月) 21:13:39 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

実は私も見に行きました。

私も、ここが本当にバラを敷き詰めたホテルかどうか、見に行ってきました。
写真に写っているのは、ホテルの車が出入りする所で、ここのホテルに間違いなさそうです。
背もたれが高い椅子も見ました。ロビーには、最新の日本の週刊誌も置いてありました。
立地もいいし、友好広場もよく見えて、観光客にはいいんじゃないでしょうか。
世界的にも名が知られているホテルだし、私は憧れましたが。

以上、雑学事典、現地特派員からでした。(笑)

  • 2008/12/16(火) 11:25:55 |
  • URL |
  • o-chuck #IY7bLZJE
  • [ 編集]

現地特派員

>o-chuckさん
ご丁寧にレポートありがとうございます。
大連雑学事典の現地特派員の存在を頼もしく思います。

  • 2008/12/16(火) 21:04:55 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/787-8e33991a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。