大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元宵節と花火

昨日の記事で、元宵節と花火のことをちょっと書いたが、昨日は北京で大災害があった。
中国のNHKともう言うべき、中国中央テレビ(CCTV)が建設途中の、地上30階の大型商業ビルが2時間以上に渡って燃え盛り、全焼してしまったと言うことだ。
CCTV_Beijing.png
お笑いなのは、その原因だ。 消防当局の制止を無視してCCTV自らが打ち上げた大型花火の火の粉が工事中のビルに燃え移って、炎上したというのだ。
虎の威を借る狐よろしく、中国共産党のスポークスマンと成り下がっているCCTVに対して市民は冷ややかだったし、玉屋、鍵屋の騒ぎだったようだ。 
ニュースによれば、このビルは中心部が中空の吹き抜けになっており、あたかも巨大な煙突に化したのではないかと。(まだ解明中?)

花火や爆竹と、火災は切っても切れない縁があり、中国の大都会では、長いこと市街地での花火を禁止して来たが、3年前に市民感情を考慮して、期間限定で許可した。元宵節の昨日が春節絡みでは北京で許された最後の日だった。

大連でも花火と火災の関係は問題だが、北京、上海などの大都市で禁止されていた年月も大連では許されていた。ただし火災を心配して、春節などの期間は、着火しやすい幌付きのトラックは市内通行禁止にして、花火を優先させていた。

さて、読者からの写真募集と書いたところ、おなじみの「大黒さん」から、タイムリーに元宵節の花火の写真が届いたのでメッセージと一緒に紹介しよう。
yunxiao090209.jpg
=====
昨夜の開発区は靄が掛かっていて遠くの花火は見えませんでした。
一昨年の嵐の中での花火とか、昨年に比べればいくらか静かですが
景気に比べるとそこそこ上がっていましたよ。
写真を添付しておきます。
私も今年から生活を書き留めようとブログっぽいものを作ってみました。
お時間がありましたら覗いて見て下さい。
http://daheisandailen.spaces.live.com/

=====
大黒さんのブログもご覧ください。(と言いつつ、オレもまだ見ていないのだが)
大黒さん、写真ありがとうございました。

大連にお住いの方、このようにメッセージと現地の写真をお送りください。
大連を離れてもうすぐ1年になるので、現地からのナマの情報は一番のご馳走です。

=====(2月15日追記)
2月10日報道(産経ニュース)
北京市消防当局は10日、ビルの近くで花火数百発を違法に打ち上げたことが火災発生の原因と発表した。国営新華社通信が伝えた。
 花火は北京五輪で使われた式典用と同系列の大型花火で、当局側の制止を無視してCCTVが打ち上げ続けたという。火事で消火にあたった29歳の消防隊員1人が死亡、隊員6人と工事関係者1人が病院で手当てを受けた。火は6時間にわたり燃え続け、総面積の10万平方メートルほとんどが焼けた。
CCTVは10日午後、ホームページ上で「責任者が無許可で違法に花火を打ち上げた」と違法行為を認めた上で、「国家の財産に多大な損失を与えた。心からおわびする」と謝罪する声明を出した。

2月10日報道(産経ニュース)
 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターによると、北京市のインターネット管理部門は9日夜、中国の主要ポータルサイトに対し、中国中央テレビ(CCTV)の付属高層ビル火災に関し国営通信、新華社の記事だけを使用し、独自の報道をしないように通知を出した。

2月12日報道(産経ニュース)
公安当局は12日、違法に花火を打ち上げた重大責任事故罪の容疑で、同テレビの新社屋建設プロジェクト弁公室の徐威主任(50)ら計12人を拘束したと発表した。公安当局は12日、違法に花火を打ち上げた重大責任事故罪の容疑で、同テレビの新社屋建設プロジェクト弁公室の徐威主任(50)ら計12人を拘束したと発表した。打ち上げた花火は北京五輪で使用された系統に属し、通常は打ち上げが禁止されている「礼花弾」で、約700発、約100万元(約1300万円)相当が準備され、21発を残して打ち上げられた。
=====

コメント

CCTVニュース

>虎の威を借る狐よろしく、中国共産党のスポークスマンと成り下がっているCCTV
昨日のCCTVお昼のニュースを見てもこの件については報道無しでした。
お家の不始末をわざわざ放送するようなお国柄ではないにしても、中国雅虎からネット検索しても上位には出てきませんでした。
消防当局もCCTVのやることは規制できないが火事になれば消さなくてはいけない矛盾と犠牲になったのは消防士ですから皮肉な結果です。

  • 2009/02/11(水) 09:41:43 |
  • URL |
  • 大黒さん #-
  • [ 編集]

同じ日、私どもの近所の田舎でも、普段は滅多に聞かない消防車のサイレンを2回も聞きました。

CCTVの火事の事は、こちらの新聞にも載っていませんでした。日本ならトップニュースで一面に載るはずですが。

まあ、国も広いので北京の火事など誰も興味が無いみたいですが。

  • 2009/02/11(水) 12:47:31 |
  • URL |
  • 三十里 #-
  • [ 編集]

CCTV火災で12人拘束

>大黒さん
日本の報道(例えばNHKニュース)によると、CCTVでは、謝罪放送をしたことになっています。ただ、チャンネルか分かりませんが女性アナウンサーが謝罪文を読み上げていましたよ。
報道関係には、国営新華社通信以外の情報を報道してはいけないと国の規制がかかっているようです。
この辺の追加報道を、記事に追記しましたのでご参照ください。

>三十里さん
大連でも、元宵節の翌日には、火災件数が◇件で昨年より多かったとか少なかったとか報道されていましたよね。
今年の大連日報2月12日版A3面には、元宵節の花火による森林火災の警戒を強め、初期消火に徹したために大事に至らなかったと書いています。それにしても、CCTVの高層ビルは簡単に燃えすぎですね。

  • 2009/02/15(日) 07:01:51 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/802-55db6c45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。