大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無責任な動物飼育

2005年の5月の記事ペットの子犬がたったの150元で、開発区の路上のペット商の話題を取り上げたが、その後の飼い方について、読者のkainekoさんから、写真とコメントを頂いた。

=====
無責任な動物飼育

番犬の飼育・これは中国の会社では良くある事ですね。
当社でも番犬が7匹いましたが、先日子犬を4匹買って10匹に・・・('A`)
「経理、子犬がいるのですが?」
「ああ、保安が自由にしています」って、簡単に許可もなしに追加する。誰の資金で飼育するのよ?って感じです。

inuuri.jpg中国人は簡単に犬でも猫でも買ったり貰ったりする、街中では一匹10元程度で路上売買してる光景が日常的です。
で、もって犬に至っては全然面倒も見ないし、大型犬でも繋ぎっ放しでエサをあげるだけ。
欧米人が見たら警察に通報するレベルも、ごく日常的な光景。

昨日も通りのゴミ置き場に、寝ているイヌがいると思ったら、死んだ犬をそのまま捨ててあった。

その一方でペット産業も中々の繁盛ぶりで、市内では良く小型・大型の血統証付き犬が大事に飼われている状態です。反面でそんな犬達以下の生活をしている人間も多数・・・。

hakoinu.jpg


denchuinu.jpg
*近状に居た大型犬、犬小屋も与えられず、路の脇で雨でも強風でもじっとうずくまっていました。しかし旧正月前に突然失踪、別の場所に居たやや小型の犬も同時期に姿をくらましてしまいました。妻が言うには多分盗まれて食べられた可能性が大きいとの話。いまでも、不幸な犬・猫をみると心が痛いです。

kaineko
=====

kainekoさん、写真とコメントありがとうございました。

中国では、リードをつけずに犬の散歩をしている光景を良く見かけるが、どんな風に躾けるのだろうか。おとなしくトコトコと主の後を付いていく、たいしたものだ。我が家でも犬を飼っているが、リードなしで散歩などしたら、どこかに行ってしまったり、車道に出て車にはねられるかも知れないので、とても無理だ。

大連の様子を写した写真をお送りください。
あて先は、alex5006487@gmail.comです。

コメント

計算違いは・・・

元記事のkainekoです。
7匹+4匹で11匹なのですが、1匹が直ぐに死亡してしまい10匹でした。
残った3匹が、死んでいる子犬の横を何も判らず走り回る姿はグッと来る
物がありました・・・。
それまで水とゴハン以外は全然面倒を見ないで、糞の掃除すらしない有様
でしたので、流石に業務命令で「犬の面倒を以下の要領で見る事!」と
箇条書きを出したところ、かなり改善はしましたがまだまだな状態です。

  • 2009/03/23(月) 18:57:24 |
  • URL |
  • kaineko #-
  • [ 編集]

業務命令は有効

kainekoさん、写真と情報ありがとうございます。
ご指摘のように、会社の決定事項として、張り出すのは有効な場合が多いですね。会社の業務命令も権力の一種ですから、彼らには効き目があります。
朝令暮改でも、指示をはっきりと通知することが、大切ですね。

  • 2009/03/28(土) 16:23:57 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/810-1fa69618
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。