大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屁理屈から入る中国語学習講座(1)簡体字の謎を解く

中国語を学ぼうとして、いろいろ検索しているうちに、このブログにたどり着いた人もいることだろう。
これから中国語を学ぼうとしている人たちに、日本人に向けた、オレなりの学習方法を数回に分けて示しすことにする。
この程度のことを書いた指南書が、ネット上で数万円で販売されており、オレにもう少し欲があり、気持ちの割り切りができたら、ネットビジネスで少なくとも300万円くらいは稼ぐことができたと思うが、そんな気もないので無償で公開する。
(ネットビジネスって、うまいこと書くんだわ。
『誰も気がつかなかった中国語学習の盲点をつく、驚くべき学習効果。日本人の基本特性を生かした、はじめての学習方法を特別に公開。初回50名様に限り特別優遇価格で提供、公開初日に23名が応募、残りわずかだがまだ間に合う』
なんてね。送られてくるのは、オレが書いたほうがまだマシだと思うようなものだったりする)

そんなネット・ビジネスとは関係なく、大連雑学事典お勧めのは、プログラムとは

1、簡体字の謎を解く。
2、発音よりも四声だ。
3、カタカナで書くな。
4、語順こそ全て。
5、理屈抜きで徹底的に真似ろ。
6、成語の数を増やせ。
7、中国語には時制がない。
8、実践学習教材紹介


 中国語を学ぶに当たって、子どもが自然に話せるようになるのと同じように、テキストなど使わず、現地語の環境に放り出すのが一番だという考え方がある。また、それを実践している教室もある。もう潰れてしまったが、NOVAの考え方がそうだった。自然に耳から入ってくる言葉に慣れていくのだと。

しかし、これはまだ知識のない子どもにとって良い方法かもしれないが、いろいろな経験を積んでたくさんの知識を持っている大人に当てはめたら、せっかくの知識を無駄にしてもったいないと思う。実際、オレが中国語を学んで感じたことだが、簡体字の構造や歴史の謎が解けたときに、中国語を身近に感じたものだ。
中国語を学習するに当たって、日本人にとっては中国と共通の漢字があることが、欧米人に対して極めて有利であることは論を待たない。しかし、同じ漢字だからと高をくくっているとひどい目にあうので、最初に簡体字の成り立ちや癖をよく理解しておくと後々の学習に大いに役に立つ。また、簡体字が読めるようになると、日本人にとっては読解は、30%くらいはできたも同然だ。
この素晴らしい能力(隠れた力)を無視して、欧米人相手と同じ学習方法を押し付けるのは、あまりにも芸のない行為だと思っている。

中国語を学び始めた日本人が口を揃えて言うのは、あの記号のような簡体字に馴染めないということだ。だけど、どういうわけでこんな記号になっているのかを学べば、それほど苦労することなく、簡体字を身近に感じることができるのだ。

手前味噌で恐縮だが、簡体字にこんな風に着目して分類整理した書物をあまり見たことがない。そういう意味で、無償でこの講座(?)に接することができたあなたは、超ラッキーな人ですよ。

「簡体字解体新書」と題したシリーズのレビューになるが、読む順序はどうでもいいが、はじめての人なら、こんな順序で見ていったら馴染みやすいのではないかと思う。

1、簡体字解体新書2(字形を残す)
2、簡体字解体新書3(偏旁を残す)
3、簡体字解体新書4(草書体の応用-1)
4、簡体字解体新書5(草書体の応用-2)
5、簡体字解体新書6(簡略化された編旁)
6、簡体字解体新書7(字形を残して整形)
7、簡体字解体新書1(日本語は簡体字だった)
8、簡体字解体新書8(1画減らす工夫)
9、簡体字解体新書9(日本でも採用したい部品)
10、簡体字解体新書0(漢字簡略化の歴史)

おまけ、読めるけどなんかちょっと違うぞ!

ここまで、まじめに読んでくれたら、簡体字に対する基礎知識は十分だ。
あとは、個別に数を増やしていけばよい。

コメント

1~10まで全部読ませて頂きました。
大変勉強になりました!!ありがとうございます。

  • 2009/04/20(月) 16:52:37 |
  • URL |
  • iwataro #mQop/nM.
  • [ 編集]

勉強になります。

諦めてましたが、今日から頑張ります!
ありがとうございます。

  • 2009/04/24(金) 10:41:39 |
  • URL |
  • miyakawa #nlnTgiQk
  • [ 編集]

ネットビジネス やられました

でっつさん 初めてコメントします。
2006年頃から読ませていただいています。
私も簡体字解体新書シリーズを読んで覚えた字がたくさんあります。
話は変わりますが、中国関係のブログ等にもよく表示される、教材を買ったことがあります。ざっと読んで笑ってしまいした。「紙に目標を書いてがんばろう」式の精神論です。一万数千円の勉強代でした。

  • 2009/04/24(金) 17:42:46 |
  • URL |
  • ナンバーハチ #-
  • [ 編集]

どうもどうも

>iwataroさん、ご無沙汰してます。
丹念に読んでいただいたようでありがとうございます。
でも、iwataroさんのレベルから見ると、いまさらという感じではありませんかね。

>miyakawaさん、こんにちは。
ブログの記事で「聞き流すだけのスピードランニング」で学習していることを拝見しました。聞き流すだけではやっぱり身につかないと思いますよ。でも、やらないよりはマシですけどね。
私がここで書くのは、むしろ逆で、「知識から入る中国語学習」というところですね。

>ナンバーハチさん、ご愛読ありがとうございます。
ネット販売の裏技モノって、大概インチキですよね。
指示通りにやれば出来るといわれても、指示内容が難しすぎて現実的には出来ないことばかり。
外国語学習に限らず、金儲けの秘訣とか、女性にモテる方法、負けない馬券テクニックとかいろいろありますが、書いてあることは確率的には正しいのだろうけれど、実行するには、ものすごい労力と努力が必要だったりする。
敵も考えてますからね、完全にウソだとも言いにくいところを狙うのが彼らの技なのでしょう。

  • 2009/04/25(土) 11:17:12 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

すごく参考になります。

中国の休日を調べているときに、でっつさんのブログにあたりました。
前回、「n」と「ng」の違いについても見せていただきましたが、本当に
目からうろこって感じで、すっごく参考になりました。
今回の解体新書もすっごく参考になります。
今晩、家に帰って全部読破させていただきます。
(でっつさんって、こんなアプローチの中国語教科書を作ることが
 できそうですね!)
読み、書き、発音と、理屈が少しでも分かれば使いやすくなりそう
です!!
今晩、またおじゃまさせていただきます!(仕事中ですので。。。)

  • 2009/05/15(金) 10:55:56 |
  • URL |
  • やむちゃ #/dOK5sCc
  • [ 編集]

うれしいです

>やむちゃさん、こんにちは。
屁理屈ばかりの内容なのに、詳しく読んでいただいてありがとうございます。お褒めの言葉を頂いて、単純に喜んでいます。屁理屈学習シリーズはもう少し続ける予定ですので、引き続きご覧くださいませ。

  • 2009/05/17(日) 17:18:50 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/813-9b4b985c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。