大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屁理屈から入る中国語学習講座(3)カタカナで書くな

中国発音はカタカナで書いてはいけない。
中国語には、日本語では表現できない発音がたくさんあるので、カタカナで覚えないことが大事だ。
一度、カタカナ書きで覚えると、一生抜けられなくなるから、気をつけよう。
じゃぁ、何で覚えるかと言うと、ピンイン(中国ローマ字)しかない。

カタカナで欠けない理由を挙げてみよう。

1、カタカナで書こうとしても書き分けられない子音がいくつも存在する。

 「ジー」と書かざるを得ない音→ ji、zhi、
  積極(jiji)、基質(jizhi)、知己(zhiji)、制止(zhizhi)はどれも「ジージー」と書くことになるが、発音は全部違う
 「シー」と書かざるを得ない音→ xi、shi
  習習(xixi)、西式(xishi)、実習(shixi)、実施(shishi)はどれも「シーシー」と書くことになるが、発音は全部違う
 「スー」と書かざるを得ない音→ si、su、
  飼料(siliao)、塑料(suliao)は、どちらも「スーリィァオ」と書くのだろうけれど、発音は違う。

2、カタカナで書き分けられない母音がある

 例えば、汽車(qiche)は「チーチャ」と書くんだろうけど、「チャ」じゃないんだよな「チュ」でもないし、その中間という感じで、なんとも表しようがない。茶(cha)は「チャア」で表現できるが、che,she,deは、カタカナでは書けない。
 また、発音の練習でやらされるbo,po,mo,foだが、カタカナで書くと「ボー」「ポー」「モー」「フォー」とされるが、実際は「ボー」ではなく「ボァ」「ポァ」「モァ」「フォァ」のように一本調子の「ボー」ではなく、語尾が軽く小さい「ァ」に変わっているのだ。
 同じことだが、我(wo)はカタカナでは「ウォ」と書かれることが多いが、実際は「ウォァ」と書いたほうが近いと思う。 だけど、いちいち細かな母音の変化まで書いているとめんどくさいし、ルビが長くなって収まりが悪い。

3、nとngはどうしようもない。
 晩(wan)と網(wang)は両方とも三声で、カタカナで書けば「ワン」と書くしかないが、実は発音が違う。晩は夕方の意味の他に、遅いとか遅れるの意味でよく使うし、網はインターネットの意味で使用頻度が高くなっている。日本人にとっては、とても聞き取りにくいし、発音の区別もつけにくい。
 俗に、案内のアンはnで、案外のアンはngだといわれるが、区別するのはまず無理だ。
 発音で意識しようとするなら、nは「ヌ」に近く前歯に舌を押し付けると良い、ngは口の中で舌を中に浮かせる。

nとngの区別については、-nと-ngの記事に、見分け方の一つの方法を書いているので参考にして欲しい。

英語学習でも本来はカタカナで書くべきでないのだろうが、英語のLとR以上に、中国語では区別をつけにくい発音が多い。
いっそのこと、最初からカタカナ学習を放棄して、ピンイン表記で覚えるのが結果的に得策だ。

コメント

気をつけます。

カタカナで書いてました。
これじゃ覚えれないですよね。。。
北京は♪ドーソー、南京は♪ドミソーの音階・・・納得です。
大連雑学事典ハンドブックは最高ですね。
2年前から読んでましたが。

  • 2009/05/05(火) 00:39:22 |
  • URL |
  • miyakawa #nlnTgiQk
  • [ 編集]

こんにちは。zhuangyuanと申します。確かにカタカナ表記は気になります。最近NHKや朝日新聞が中国要人の名前にピンインをもとにしたカタカナで振り仮名をつけます。フー・チンタオなんて。これが凄く気になります。現地で日本語読みでフーチンタオなんていっても誰もわからないでしょう。テレビで北京語で読むんだったら意味がありますがカタカナルビはいただけません。ちなみに私が一番気にかかるカタカナ発音はjiをジと発音することです。zhongをジョンってのも。

  • 2009/05/09(土) 07:36:32 |
  • URL |
  • zhuangyuan #-
  • [ 編集]

>miyakawaさん、こんにちは。
カタカナで書くなといわれても、カタカナルビの教材が多いので、どうしても目に入ってしまいますね。それが、毒の始まりです。気をつけようという時点で手遅れです。(笑)
だから、この言葉は、初学者に向けた発言というよりも、中国語指導者に言いたいことなのです。

>zhuangyuanさん、はじめまして。
中国語学習者にとってカタカナ読みでイメージを作るのはお止めなさいといいたいのですが、新聞の場合は仕方ないでしょう。
英語の名前や、イスラムの名前だってカタカナで書くけど、カタカナ読みで現地で通用するはずがありません。個人や地名を特定する記号だと割り切るしかないでしょうね。簡単な名前だけどオバマ大統領だって、より正確に書こうと思ったら「オバァマ」のニュアンスじゃないでしょうか。 オサマ・ビンラディンなんて、当初は何回も表記法を変えていましたよね。
zhongはなんて書けばいいのかなぁ。普通ならジョンでしょうが、むしろゾンの方が近いかな、でもなぁ、やっぱりカタカナでは書けませんね。

  • 2009/05/09(土) 15:48:59 |
  • URL |
  • でっつ #m/aUcm4U
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/815-2254f935
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。