大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ フェーズ5

フェーズ4にランク上げしてから2日も経たずに、フェーズ5になった。
40年前の香港インフルエンザの時代と比べると、航空機網の発達が著しく、人々の往来も激しいので感染の速さは、比較にならないかもしれない。
また、逆に情報伝達も早くなっているので、防御体制が取りやすいという利点もある。
エールフランスでは、週10便のメキシコ便が飛んでいるが、客室乗務員の搭乗拒否が相次いでいるそうだ。

鳥インフルのH5N1型は強い毒性を示し致死率が高いがことが恐れられていた。
SARSのときもそうだったが、一たび感染すると直ちに死の恐怖との戦いになった。
これに対して、今回のブタインフルは、A型のH1N1型で毎年流行するインフルエンザの類なので、多少は免疫があるかもしれないし、毒性はあまり強くない。だから、たとえ感染しても健康な人なら死に至る可能性はそれほど高くないと予想されるので、過剰に怯える必要はない。39度を超える熱が出るが、体力が持てば数日で快復するはずだ。
問題なのは、老人や子供、手術直後の病み上がり、さらにはエイズなどの免疫症候群に感染している体力的な弱者の場合だ。高い発熱に身体が耐えられなければ最悪の結末を迎えることになるかもしれない。
やはり大切なのは、感染を広めないことだ。

鳥インフルで警戒網を築いていたけれども、ブタから来ても対処は同じこと。

うがいと手洗いの励行。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/817-7d7dc246
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。