大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマンもびっくりな技とは?

この光景を見た瞬間、スパイダーマンを連想したんだ。
spider050510s.jpg
(写真をクリックすると大きくなります)
このビルはまだ建設途中で外装が施されていない。外装工事の前に、表面を洗浄しているのだと思う。
作業者は、ロープ1本と1枚の板で空中ブランコを作り、そこに座って作業をしている。ブランコの板にぶら下げたバケツの水とブラシで壁をこすっている。見ていると、器用にロープを制御して段々と下に下がってくるのだ。
命綱もへったくれもない
ちょっとバランスを崩したら、まっ逆さまに落下すること間違いなしの危険な作業だ。日本ならば、ゴンドラに乗って行う作業だろうし、無理にこのようなことをやらせれば、たちまちニュースになって、マスコミに叩かれることだろう。

大連では、ごく普通に見られる作業風景だ。ここでは、たまたま3人だけだが、壁の修理や、窓ガラス拭きのために、10人くらいが一斉に並んでぶら下がることがある。蜘蛛の糸にぶら下がっているようで、ここまで来ると、ある意味、芸術的な感動を覚える。

キーワード:ビル掃除、ガラス拭き

コメント

保険は?報酬は?

こんなスリル満点の仕事をするのは よほど報酬がよいのかしら?
まさか女性は...なんでもありのお国ですから...
でっつさん 首が痛くなりませんでした?

  • 2005/05/12(木) 10:30:59 |
  • URL |
  • 婆さん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/82-4b0791e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。