大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屁理屈から入る中国語学習講座(6)成語の数を増やせ

中国人は成語が好きだ、いろいろな場面で良く使う。。
成語とは、故事成語のことで、四面楚歌、温故知新、呉越同舟、一網打尽など日本の四文字熟語の元になったものが多いが、日本では知られていないものもたくさんある。

式典や結婚式などでは、成語が入らない挨拶はないと言ってもいいくらいだ。また、人に説教をたれる時には欠かせないアイテムだ。日常の会話でも成語が飛び交うことも珍しくはない。
何故だろうか。
知識のひけらかしかとも思ったのだがどうもそうではないようだ。くどくどと状況を説明するよりも、ずばりと言い切ることが出来る簡便さが、便利なのではないだろうか。昔の人達が同じ境遇で同じ感情をもって吐いた言葉に共鳴するものがあり、歴史の重みを感じるとは、言い過ぎだろうか。
 いずれにしても、会話や文章の中にひょっこり出てくるのだから覚えておいたほうがよい。

ここで注意をひとつ。
例えば、温故知新を(おんこちしん)などと言っているようではだめだ。ちゃんと(wen1gu4zhi1xin1)と覚えていないと使えない。
 これは人名と同じで、例えば、三国志の登場人物を張飛(ちょうひ)と覚えていると中国名を言われても全く馴染めない。中国語ですらっと出るように暗唱するしかない。
 会話の中に、さりげなく成語を組み込むと、「こやつ出来るな!」と一目おかれることまちがいなし。

 本事典でも、中国故事成語カテゴリに十個程の成語を紹介しているが、今後増やして行こう。

コメント

成語の日本語変換

こやつやるな、と思うのは、日本語を勉強した中国の人で、4字熟語を日本語の会話の中で、上手いタイミングで使いこなす人です。
そしてさらには駄洒落で、焼肉定食とか、和製4字熟語を面白く使うコツを習得した
人たちです。
和語の粉骨砕身というのは漢語では、粉身砕骨と言う。
どちらが強烈でしょうか。
換骨奪胎は悪い意味で使われますが、漢語では脱胎換骨と言って、
元は道教から来たものですが、今は徹底的に立場とか観点を改めるという良い意味に使われます。日本に輸入されて時が経つと、語順を変えたり、意味も変わって、褒めてるのが、侮っているとか、逆になってしまうのは面白い現象です。
でっつさんの成語塾が更に面白くなりますように、応援します。

  • 2009/05/27(水) 11:49:48 |
  • URL |
  • サンディ #-
  • [ 編集]

確かに・・・

>中国語ですらっと出るように暗唱するしかない
う~ん、確かにおっしゃる通りですね。私は自分の名前が呼ばれているのにさえ気付きませんでした(笑)勉強になります^^

  • 2009/05/29(金) 06:45:13 |
  • URL |
  • 中国語学習中 #BQn5cGd2
  • [ 編集]

後ろから突然

>サンディさん
粉骨砕身と、粉身砕骨とは、骨を砕くほうが強烈な感じがします。

>中国語学習中さん
中国語の達人が言っていましたが、前から話しかけられたら中国語でも理解できるが、後ろから突然声をかけられた時には、理解できないことが多いと。
やはり、母国語は強いですね。

  • 2009/05/30(土) 18:20:02 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

身を粉にして働く

というのは、かつて日本の田舎にいた母親たちのイメージです。
骨を砕くのは骨を折るのとやや似たような感じで 人のために骨を折るという
良い意味にも使います。
その逆で、最も恐ろしいのは砕いた骨を粉にして牛の飼料とした人間たちです。
ニクコップンなどという言葉は、吾がパソコンは漢字に変換をしてくれません。
GMを国有化した米国は資本主義と自由を掲げています。
郵便局を民営化した日本国は、会社主義と平和を一番にしています。
銀行や証券会社を民間に払い下げた中国は中国の特色ある社会主義だと。
言葉は時代と環境で、180度の転換を目の前で演じてくれる手品師です。

  • 2009/06/01(月) 14:54:25 |
  • URL |
  • サンディ #-
  • [ 編集]

中国語講座

2月から腰痛のため休職しています。といっても普通の生活には何の支障もありませんが。
そこで、通院とリハビリ以外の時間を持て余しているので、中国語講座に通いはじめました。
今日で3回目の受講ですから、四声から始まり、母音と子音の発音を学んでいる状態です。
我が家の老師は大連弁のため、受講している発音とどうも違いがあるみたいです。
だから我が家の老師で予習していっても、いつも受講時に訂正させられます。
本当に中国語は難しいですね。(汗)

  • 2009/06/02(火) 09:52:36 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

Re:身を粉にして働く

>サンディさん
毎度のことながら、説得力がありますね。
身を粉にして働くって、こま鼠のように動き回るイメージでしょうか?
我々のようなデスクワークにはあまり調和しません。
骨を折るは良いイメージで捉えられますが、骨を砕くとなるとなんかいただけません。

  • 2009/06/07(日) 07:05:30 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

身を粉にして働く

実は私も、粉をこな、と読んでいたのですが、正しくは「こ」という説が多いようです。
日本語では、一生懸命、心身をすり減らすほど仕事をするという意味が多いです。
漢語の方を調べたら、三国時代の文章を引用して「粉骨砕身」と今の日本に伝わった語順がありました。それが、現代漢語では粉身砕骨と入れ替わったようです。
その英語訳が、at the cost of one's life,or greater danger,very risky.とあり
もし、自分の命を助けてくれるなら、とか将軍に取り立ててくれるなら、一命を賭して任務に励みますという漢語一流の「誇張表現」です。
でも実際に、任侠小説などでは、義兄弟の契りを結んだなら、もし相手が死ぬような
局面に際したなら、自らその目の前で首を刎ねて死ぬという情景が出てきます。
殉死に近い意味合いです。
かつての日本の、母の美徳として、息子の進学のために身をこにして働いて、東京にお金を送る情景の方が、日本人としてはキュンときますね。

  • 2009/06/09(火) 11:31:02 |
  • URL |
  • サンディ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/821-d1b30bcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。