大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屁理屈から入る中国語学習講座(9-7)~ではなく~である

bushiershi.jpg
「~ではなく~である」という言い回しでつかう。まず最初にあげる前提条件を否定して、改めて肯定条件を示す言い方で、誤解を与えやすい条件や、相手の思い込みを解除するために、日常的に使われる文型だ。
「そうじゃなくってぇ、~なんだから」みたいな。
次回の「不是~就是~」(~でなければ~である)とはまったく意味が違うので混同しないように。
例文5には、前回の「為了~」を組み合わせてみた。

例文:
1 私は行きたくないわけじゃなくて、本当に時間がないんです。
2 彼は知らないんじゃなくて、とぼけているのだ。
3 彼らに経験がなかったのではなくて、真剣にそれを総括しなかったまでだ。
4 僕は好き好んで助太刀をしているのではなく、一部の人のやり方がまったく情理にかなっていないのだ。
5 人は食うために生きるのではなく、生きるために食うのだ。

bushiershi091006.jpg

コメント

まだ半分にも

今日で、7題目。
覚えておきたい文型の解説シリーズだが、全部で16題をあげたので、まだ半分にも達していない。
長いなぁ。
こういうシリーズだとコメントもつけにくいし、盛り上がらない。
でも、途中で放り出すのはいやだし、とっとと16題を終わらせて、通常シリーズに戻したい。

  • 2009/07/16(木) 05:09:17 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

中休みを入れてはいかが

でっつさん、とっとと16題というのは、もうネタはそろっているのでしょうが、
ここらで中休みしてはいかが?
先、というのは、汝先とか、2字の後ろに来るのは多いですが、
冒頭に来るときは、話し言葉では、首先、と言って一呼吸入れてから
話し出すことが多いような気がします。ご参考まで。
そして為人民服務、と為了人民幣服務との違いも面白いですよ。
為何々というのは、無償というか代償を求めない場合が多く、
為了というのは、何かを遂げるための意図とか野心が垣間見えます。

  • 2009/07/16(木) 11:30:09 |
  • URL |
  • サンディ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/833-385dd7ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。