大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小日本って、日本ちゃんの意味?

反日活動や反日デモで使われる言葉に「小日本」(日本の蔑称)というのがある。

どうでもいいようなことだが、何故蔑称なのか、この悪口の由来が気になって、いろいろ考えてみた。

そもそも、中国語では名前の前に「小~」と付けると、「~ちゃん」の意味になるのだ。例えば、王さんを呼ぶときに「小王」といえば、「王ちゃん」と言う感じだし、「小李」といえば「李ちゃん」と言う具合だ。クレヨンしんちゃんは「小新」である。

ならば、「小日本」「日本ちゃん」となって、蔑称どころか愛称になるのではないかと思った。それが何故に蔑称になるのか? そう言えばチンピラやくざが相手を脅すときに、逆に馬鹿丁寧に「~ちゃん」を使うことがあるな、例えば、山田さんを脅すならば、
「山ちゃ~ん、ボクらの言うこと聞いておいた方がおりこうさんだよ!」なんてね。
「小日本」は、この使い方なのだろうと確信した。

友人の中国人に「小日本」の由来を聞いてみたら、
「よく分からないけど、中国は大きいのに対して、日本が小さいからそう言うのじゃないか」って。
ああ、なるほど、中国は経済力や技術力は別として面積と人口だけは大きいから、偉大な中国に対して、「ちび助日本」という訳だな。やくざの「~ちゃん」説よりは、信憑性がありそうだ。

じゃあ、イギリスはどうなんだ?小さな島国だから、「小英国」と言うのか?バチカンはどうなんだ、「小バチカン」とい言うのか?シンガポールはどうなんだ、「小シンガポール」というのか? 答えは全部ノーである。
関係ないけど、中国とバチカンって、まだ国交がないんだよね。
宗教を理由に内政干渉するな!なんて言ってるし。


「小日本」は、それ自体が「ちび助日本」として、一つの慣用句のようなものになってしまったのだ。

考えてみると、中国語では、このような慣用句と言うか新しい熟語が作られることが非常に多い。特に省略形で。
例えば、「非典」は、「非典型的肺炎」(SARS)の省略形だが、新聞でもテレビでも「非典型的肺炎」などとは言わず、いつの間にか「非典」が正式な単語になってしまった。後から「非典」だけを眺めていても、どう考えても肺炎とは結びつかない。もしも有力なテレビ局が「非肺」と略していたならば「非肺」が正式な単語になっていたかも知れない。

もう一つ例を示そう。
「入世」ってどんな意味だか分かるかい?
「非典」と同じで、由来を知らなければ、熟語として覚えるしかないよ。
これは、「加入世界貿易機関」つまり「WTO加盟」の省略なんだ。1次省略形として「入世界」も使われたが、とうとう「入世」だけで、WTO加盟の意味で通るようになってしまった。

更にもう一つ、「奥運会」ってなぁんだ。
フルに書けば、「奥林匹克運動会」なんとなく分かるよね。そう、「オリンピック」のことなんだ。

中国語は変化し続けている。

書いているうち気がついたんだけど、こういう言葉って日本にもあるなぁって。
「電卓」って、「電気式卓上計算機」の略だし、「携帯」だって、「携帯型電話機」の略だけど、どちらも2文字で通っているもんね。
キーワード:中国語、省略形
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

身長の要素

「小日本」(人)には、物理的な背の高さの要素も加わるのではないでしょうか。中国人(特に北部の人)の平均身長より、日本人の平均身長の方が低そうだし、中国人は、日本人より身長を重視するみたいだから。(中国では、女優は背が高くないとダメ?)

鬼子よりまし?

「小日本」と叫ばれても あまり腹が立たなかったのは 「日本ちゃん」と聞こえてしまうから...と 気が付きました。
「鬼子」より耳障りは良いですね。

  • 2005/05/20(金) 10:08:13 |
  • URL |
  • 婆さん #-
  • [ 編集]

おいおい

小日本ってクソシナやチョンとかそんくらいの言葉だぞ。

  • 2008/08/20(水) 10:59:14 |
  • URL |
  • 通りすがりの人 #JalddpaA
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/84-67af92d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。