大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二輪免許の谷間

オレは、ちょっと前のいわゆる「限定解除」、現在の「大型二輪免許」をもっているから750ccだの500ccビッグスクーターに乗ることが出来るのだが、実は、昭和40年から46年までの6年間が二輪免許制度が一番緩い、取りやすい時期だったための恩恵を受けているだけのことなのだ。
何しろ、当時の二輪免許は50cc未満とそれ以上の2種類の区別しか無かったのだから。
オレは16歳になった途端(当然高校生だよ)に警察署に行って試験を受けた。当時は二輪の教習所なんかなかったと思う。
地方の警察署の裏庭に設えられたコースを2回くらい回って、赤信号と踏み切りで止まって見せたら、免許がもらえたような記憶だ。使った車両は、125ccのホンダベンリィという実用バイクだったような気がする。なんといい加減な。
覚えていないけど、多分、S字カーブやクランクもあったのだろうな。

その前後の二輪免許はもっと厳しく威厳があった。
昭和39年までは、次のようだった。(もっと昔は二輪側車つきとか三輪とか複雑なので省略)
 原付一種 ~50cc
 原付二種 ~125cc
 軽免許   ~250(二輪)と~360cc(四輪)
 自動二輪 250cc~
なんと、自動二輪免許は軽免許よりも上位の格付けなので、四輪の軽自動車も運転できたのだ。

昭和40年から6年間は楽ちん時代。(オレがバイクの免許を取った時代)
 原付免許 ~50cc
 二輪免許 50cc~

昭和47年からは、また少し厳しく分けられた。
 原付免許        ~50cc
 自動二輪(小型限定) ~125cc
 自動二輪        125cc~

昭和50年からは中型限定が設定されて、自動二輪免許(制限なし)は教習所では取れなくなった。
 原付免許       ~50cc
 自動二輪(小型限定)~125cc
 自動二輪(中型限定)~400cc
 自動二輪       400cc~
 俗に限定解除といわれた最も難しい時代で、大型二輪が幻の存在だった。

その後、細かい変更が繰り返され、今では二輪免許は7種類もある。
 原付免許              ~50cc
 普通二輪免許(小型限定)    ~125cc
 普通二輪免許(AT小型限定)  ~125ccのオートマ車(スクーター)
 普通二輪免許(AT限定)     ~400ccのオートマ車(スクーター)
 普通二輪免許           ~400cc
 大型二輪免許(AT限定)     ~650ccのオートマ車(スクーター)
 大型二輪免許           400cc~

大型二輪免許(AT限定)が650㏄以下に限定されているのは、当時オートマチック・バイクで一番大きいのは、スズキ・スカイウェイブ650が最大だったからという理由らしい。現在では、スクーターではないが、オートマチック・バイクとして、ホンダDN-01(680cc)があるし、輸入品ではイタリアのGILERA社のGP800ieという800ccのスクーターが販売されている。
当然のことながら、こいつらには大型二輪(AT限定)免許では乗れない。

まぁ、おまけでついてきたような大型二輪免許だが、もし免許制度が変わっていても多分オレは二輪の魅力を感じて大型二輪免許を取っていたと思う。

コメント

なんのために。

私は高校生のときに二輪の免許を取っていれば、中型限定なんて無かったのですが。
20才過ぎでとったものですから、中型限定でした。
そして、試験場で幻といわれた大型二輪をとりました。

それにしても。

確か暴走族対策で、このように2輪免許が複雑化したと思うのですが、結論として何の効果も無かったのですから、もっと簡素化してもいいと思うのですけどね。

限定解除世代

私も中型→限定解除を試験場で取ったクチです、当時は中々合格できない
狭き門でした。受けてる最中にその苦労を話すと、良く年配者達が「昔はスク
ーターでコースを軽く回って」とか、「自動車の免許に付いてた」とか冷やかし
とも、優越とも付かないコメントを聞く度に「陸王やインディアンの時代の話を
すんなよ!」って思いましたね。そんな苦労が忘れられず、必ずオーバー
750ccを所有し続けています。取り回しも重いけれど、やはり安定感楽があって
楽ですから苦になりません。(大きいことは良いことだ!の精神ですよ・笑)

  • 2009/08/07(金) 18:32:55 |
  • URL |
  • カイネコ #-
  • [ 編集]

私もこの時代

私も昭和40~46年時代の取得。
学科は一夜漬け、実地はというと、それまで無免許で運転した事があるスーパーカブだけ。
クラッチのついた物は試験場で初めて乗りました。それで一発合格(笑)
でも、落ちる人も結構居て、当日のみでの一発合格は私だけでしたよ(笑)
私の受験理由が、同級生が『受験するから一緒に行かないか?』と言われ、受験を決めたのが試験日3日前。
こんないい加減で、免許の更新をしているだけでいつでも乗れるから、今の二輪車を受験している人達にとって、怒りを感じるでしょうね(笑)
但し、今は怖くて乗れないかも・・・・・・・・・・

  • 2009/08/08(土) 07:50:06 |
  • URL |
  • こうちゃん #-
  • [ 編集]

限定解除

>toshi@タイさん
>カイネコさん
苦労して限定解除を取ったんですね。
当時は、バイク仲間から何回も落ちた人の話をたくさん聞きました。本当に合格率が低い試験だったようですね。難しいというよりも、暴走族対策で合格者を出さない行政手段だったのでしょう。
良く取れましたね。

>こうちゃん
苦労して限定解除を取った人の前で、おまけでもらったような大型二輪免許の話はしない方が良さそうですね。
だまっておとなしく乗りましょう。

  • 2009/08/08(土) 09:56:15 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

我が家にも1台

でっつさん こんにちは。
綺麗なスクーターをお持ちですね。
私も車庫に一台旧車が眠っています。
スズキサベージ、650cc単気筒の、短足の私でも両足がべったり地面に着くチョッパーに近いタイプです。
低回転で走ると、エンジン内で爆発が起きる度にタイヤがデジタルで回る感じの走りがなんともいえませんでした。
私も、125ccのバイクで大型二輪免許をいただいた一人です。

  • 2009/08/08(土) 10:52:35 |
  • URL |
  • 大黒さん #-
  • [ 編集]

ビッグシングル

>大黒さん
650cc単気筒ですか、かなり好きじゃないと選べないバイクですね。
確かに単気筒の振動は、バイクの基本かもしれません。ホンダのクラブマン(250cc)でも感じはつかめるし、ヤマハのSR400は相当長い歴史があり今でも人気がありますね。650ccとなるとその上ですから、デジタルで走るんですか。味のある面白い表現でした。

  • 2009/08/09(日) 16:51:43 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

こんばんは!!
皆様うらやましいです!!私はまだ中免しかもっておりません。
ところで、私の時代は「三無い運動?」だったかどうか忘れましたが、
高校在学中は中免を取らせない時代でした。しかし、私の学校は
そのような規制が無く、16歳になったとたんに取に行きました。
中国赴任前には、家内も中免をとってくれて、2台所有し、よく二人で
ツーリングに行ってましたが、道交法が高速二人乗り解除となったと
たんに、2けつで出かけることが多くなってしまいました。。。。。。。。
多分、もっと早く道交法が改正されていたら、家内は取ってなかったと
思います。。。。
ちなみに、当地赴任前に2台とも泣く泣く売却してきました。
(kawasaki zzr-400, kawasaki estrella250)
帰国したらw400を狙っていたのに(こちらも赴任前に発売)、、、、
生産終了となったようで。。。。。。。。。

  • 2009/08/11(火) 20:12:04 |
  • URL |
  • やむちゃ #-
  • [ 編集]

夫婦でツーリング

>やむちゃさん
夫婦でツーリングって良い雰囲気じゃないですか。
うちでは、家内を後ろに乗せてちょっと走ったら、時速50km以上になると怖いといって、乗らなくなりました。
ところでW400って生産中止になったのですか。2009年4月号の雑誌には載っていますけど。
念のためにカワサキのサイト(http://www.kawasaki-motors.com/model/w400/)をチェックしたら、生産終了と表示されていました。
直立2気筒エンジンで、昔のメグロをおもいだします。

  • 2009/08/13(木) 22:11:44 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/848-f6a21dd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。