大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連の日食

中国浙江省で7月22日に大黒さんが撮影した見事な皆既日食の写真を紹介したが、実は同じ時に大連でも日食が観察されていたのだ。
但し、残念ながら皆既日食ではなく、部分日食ではあるが、きれいに晴れていたので良く観察されたようだ。

時期同じく、オレは雨の東京にいたので見ることが出来なかった。周囲では、雲間に一部が欠けた太陽を見たという人も何人かいたが、とても写真に収められるようなものではなかった。

日食は中国語でも「日食」と書く。
ところが皆既日食、部分日食となると、大分様子が変わってくる。

皆既日食 ⇒ 日全食
部分日食 ⇒ 日偏食
ちなみに月食も、月全食、月偏食という。
偏食というと食べ物の「好き嫌い」のことになるが、なんとも面白い表現だ。

さて、本題に戻って、大連の友人から大連の日食の写真を送ってもらったので、ここで紹介する。

まず日食が見える範囲だが、下の図で、濃いブルーの線が皆既日食が観察される範囲で、九州の南から上海辺りを通っている。濃いブルーの中にある赤い点は皆既状態が一番長いところだで、青い線の下に外れている赤い点は太陽が真上に見える場所だそうだ。
その上下に水色の線が何本か引いてるが、これは部分日食の程度(太陽の欠け具合)が同じ地域を示している。
nisshokhanni.jpg
これによると、東京と大連は同じくらいの欠け方を示すことになる。
shokkbn.jpg
東京の日食は、食分0.75で、この写真のような欠け具合になるはずだ。(国立天文台のサイトより)

大連の友人が送ってくれた写真がこれだ。
雲もなく綺麗に太陽を捉えている。朧月夜のようだ。
daliannisshoku0722m.jpg
丁度、国立天文台の予想図とほぼ同じ形の欠け具合を示している。
大連の友人さん、写真の提供ありがとうございました。

食分0.75ということは、明るさも四分の一になるのだろうが、目視的にはあまり感じられなかった@東京。

コメント

私もみました

でっつさん、お久しぶりです。
私も部分日食、大連でみました。目には悪いとは思ったんですが、溶接用のグラスでみてしまいました。
結構、周りも薄暗くなり、体感温度で5~6度ぐらい涼しくなった感じでした。

それと、恒例のビール祭りがあり、話題、提供ようにと思い写真を撮ったんですが、全てピンぼけ、なにかちゃんとした写真が撮れればメールさせていただきます。

  • 2009/08/08(土) 15:12:56 |
  • URL |
  • 三十里 #-
  • [ 編集]

溶接用のグラスで!

>三十里さん、こんにちは。
金州の方は、大連市内より空気が綺麗なので、良く見えたのではないですか。東京は雨でぜんぜんダメでした。
溶接用のグラスって真っ黒に見えますけど、あれで太陽が見えるんですかね、あれだけ黒ければ目に影響はないような気もしますがどうなんでしょうか。
ビール祭りの記憶は、とにかくすごい騒音でした。

  • 2009/08/09(日) 16:55:40 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

もうひとつ

日全食、日偏食とあわせて、日环食も覚えておくといいですね。金環日食です。近々、2012年に、日本列島のかなり多くの地域で金環食が見られます。ちなみに、金環月食というのはありません (笑)。
食分0.75というのは、あくまでも直線方向に75%入り込んだということですので、見えている面積は弧状に残るので、食分と面積はリニアな比例関係にはなりません。50%のときの形状を想像するとわかりやすいと思います。
まあしかし、明るさが1/4になったといっても、そんなに人の目にはわからないと思います。日食でなくても雲がかかって太陽の光が弱まった方が、晴天の10分の1やもっと暗くなっているはずですが、どっちにしたって昼間の外は明るいな、としか思わないのと同じです。100分の1ぐらいになったら確かにわかると思いますが。

金環食

>Erlangさん
そうですね、日食には、金環食がありますね。
金環月食というのは無いんですか? 
月が地球より小さいからありえないのですか、なるほど。言われればもっともですが、今まで知りませんでした、というか、考えたこともありませんでした。
それから、食分が直線方向の食い込みを表しているのですか、面積比と思っていたもので、完全に勘違いしていました。
ご教示ありがとうございます。

  • 2009/08/13(木) 21:57:43 |
  • URL |
  • でっつ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/849-da1e0796
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。