大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の特許裁判(被告を大都市に引っ張り出す技)

西安の会社が特許侵害製品を製造してるとして、これを西安市あるいは陝西省の裁判所に提訴すると、地方保護主義にやり込められて負けてしまう。だから大都市に引っ張り出して裁判をするためにはどうしたらよいか?
裁判所には管轄地域が定められているので、西安の会社を勝手に北京の裁判所に訴えるわけには行かない。


地方の会社を大都市に引っ張り出して裁判を受けさせるには、大都市で証拠物品を買えばよい。
製造場所が何処であれ、販売地の人民法院も管轄権を有する。(製造場所の人民法院も管轄権を有するが、先に訴訟案件を受理した人民法院が管轄権を有する)
証拠物品を北京で購入してから、販売者と製造者を共同被告として提訴すれば、地方の製造者を大都市(北京)に引っ張り出して裁判を受けることが出来る。

このとき、裁判所で領収書をかざしてひらひらさせても、中国では証拠能力を認めてくれないことが多い。領収書の贋物等いくらでもあるからだ。そこで、証拠物品の買い物をするときに公証人を連れて行って目の前で買って支払い、領収書と日付を記した公証人の証明書を同封して封筒を密閉する。これを裁判官に開封させれば証拠として扱ってくれる。ここまでやらないと、中国の裁判では闘えない。

さて、一般に市販されている商品なら販売店を見つけて買えばよいのだが、市販されていない中間部品だったらどうするか?

これには、秘策があるのだが、お楽しみは次回まで。(続く)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/864-222a82e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。