大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小麦の団子を振り回したら何になる?

スーパーの食品売り場でのデモンストレーションの風景だ。
いやはや、見ているだけでも楽しい、すごい技だ。
bing050412.jpg

最初は、小麦粉を練った小さな玉なのだが、手のひらでこねて、少しずつ延ばしてゆく。

ある程度広げたところで、やおら両手で空中に振り回して、調理台に戻すと、遠心力で薄く引き延ばされている。
もう一度振り回すと、また一段と大きくなっている。
これを何回か繰り返すと、調理台に収まりきれない程大きくなっている。

見ているだけで楽しい技だ。ラーメン屋で、手で引き伸ばすラーメンの実演をやっているが、この技は、引き伸ばしラーメンを凌駕しているな。
スーパーの食品売り場で、こんなことをやっているのも、中国ならではだと思う。

仕上げは、周囲の厚い部分を包丁で切り取ってから、ネギとハムのみじん切りをばらまいて散らばらせて、風呂敷で包むように四角にたたんでから、オーブンで焼き上げると出来上がり。クレープもどきとして紹介した鶏蛋餅と似たものが出来上がる。大きさは、こちらの方がずっと大きい。

この写真で雰囲気が伝わるだろうか?
スーパーの中で写真を撮っていると、やめろと指摘されるので、当然隠し撮りだから、上手くアングルが選べないもどかしさがある。
キーワード:調理デモ、薄餅、
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

いつもながらでっつさんの取材能力、というか隠し撮り能力の高さには感嘆します。振り回し餅ですぐ連想するのは、同じように振り回して大きくするピザですね。生実演を見たことはないけど。日本での実演といえば、手打ちそばとかうどん、たこ焼きぐらいですけど、地味だなあ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/87-fab91e24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。