大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行商おばちゃんの必須アイテムとは?

昔懐かしい風景のような気がする。
tenbin050402.jpg
日本でも昔は、行商のおばちゃんが、このような「天秤ばかり」(「さお秤」とも言う)で、目方を量っていたものだが、最近はトンと見かけない。

見ない理由は、天秤ばかりが無くなったのではなく、行商のおばちゃんを見かけなくなったのだ。
よく考えてみると、天秤ばかりって、すごいよね。
あんな単純な構造で結構正確に重さを測ることが出来る。構造的な信頼性は、バネ式秤よりもはるかに高いと思う。

何しろ理屈は、てこの原理だけだから、故障の可能性が極めて少ない。
バネ式では、バネの性能変化によってでたらめな結果になる可能性もあるし、電子式に至っては、センサーの精度に加えて電子回路の信頼性や電圧(電池が減った)などの因子も加わるから、結果が正しいのかどうか、素人には分からないが、その点、天秤秤は一目瞭然だ。
地球の重力が一定である限り、天秤ばかりは正しく作用するんだ。
しかも、コンパクトに収納できるから、行商には最適な一品と言うべきだろう。

天秤ばかり見直し運動を展開しようか。

ところで、写真のおばちゃんが測っているのは、「ひまわりの種」だ。
日本にいたら、ひまわりの種なんてハムスターの餌としか思わないが、大連の人たちは、よく「ひまわりの種」を食べる。スポーツ観戦とかハイキングとか、家の中で暇なときとか、店番とかとにかくよく食べる。

食べた後は、下のように必ず殻が、散らかっているのだ。himwri050524.jpg

ひまわりの種の食べ方とはそういうものらしい。
キーワード:
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/89-ff5b8500
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。