大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビナート火災、原因は人為的ミス

中国、石油パイプライン爆発事故があった港を封鎖=関係筋 2010年7月19日
 [北京 19日 ロイター] 中国当局は、石油パイプラインの爆発事故があった大連市の港を封鎖した。業界関係者がロイターに述べた。爆発は16日夜に起き、鎮火に15時間超を要した。 19日の国営メディアによると、爆発に伴い大量の原油が海に流出、50平方キロメートルに油膜が広がっており、当局では汚染拡大の防止に追われている。
 大連で2カ所の主要な製油所を操業するペトロチャイナ<0857.HK>は、1週間の港封鎖に対応できるよう危機管理計画を策定したという。

中国大連港、コンテナ取り扱い再開=新華社 (トムソンロイター)
 [北京 20日 ロイター] 新華社は20日、石油パイプラインの爆発事故があった大連の港でコンテナ事業を手掛ける大連港<2880.HK>が操業を再開したと伝えた。
 新華社によると、大連港は19日夜にコンテナの取り扱いを再開した。

大連石油パイプライン爆発、原因は作業ミス
 中国安全生産監督管理総局と公安部は23日北京で、大連で発生した中国の石油大手「中国石油天然気」の石油輸送パイプラインの爆発事故の原因を発表した。
 取調べによると、石油タンカーからの原油の荷卸し作業を中断した後も、業者側がパイプラインに強い酸化剤を含む原油脱硫剤を注入しつづけたことにより、パイプラインの爆発を誘引しました。この事故で死傷者は出ていませんが、火は15時間も燃え続け、事故現場の石油輸送設備がひどく破損したほか、周辺海域も汚染された。
 7月16日の午後6時20分ごろ、大連新港から「中石油」の大連石油タンクを結ぶ石油パイプラインが、タンカーからの原油の荷卸し作業中に爆発が発生し、パイプラインから原油が漏れ、火事が発生し、原油と汚水が海に流れ込んた。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/893-0e3e4a39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。