大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひよこが育ったらなんて鳴く?

ひよこは、日本でも売っている。
オス・メスの鑑別を受けて、使い物にならないと判定された哀れなオスばっかりだ。
小学校の帰り道のあまり人目につかないところを選んで、子供が欲しがるような雰囲気で、おじさんの顔には似つかわしくないような優しい声で、
「ホラ、かわいいだろう」
と、買い気を誘ってものだ。

子供にせがまれると、親は弱いもので、
「どうせ、3、4日で死んでしまうだろう、絶対に育つはずが無い。
そしたら、お墓でも作ってやって、生き物の大事さを教えてやろう」

なんて、甘い考えで、3匹くらい買ってやるのだ。
すると、豈図らんや、2匹はうまいこと残念ながら死んでしまったが、1匹だけは、どんどん大きくなってしまうのだよ。
「ピヨピヨ! ピィピィ!」
の頃はかわいいものだ。
やがて、変声期を迎えて、パ行の代わりにカ行が入ってくるとかわいさが半減してくる。
「クワァピィ! ピィピィクォッピィ!!」
この頃になると、黄色い羽毛は殆ど消えて、白い毛羽根に生え変わる。
予想もしないことに、頭にはとさかまで生えて来る。鳴き声から、パ行は完全に消えて、
「クククク!クワァ、ケケケッ!」
まるで、バカにしたように騒ぎ出す。しかも眼つきが悪い。
地面を蹴って飼い主に土をかける。
臭いも気になるし、ご近所になんと言い訳するか?
さぁ、パパとママは困った、、、、。
hiyoko050515.jpg
大連でも、ひよこは売っている。勿論、路上で。
写真の左側の箱に入っている鶏のひよこは1匹1元だった。右側の箱のアヒルだか鴨だかの雛は2元だって。

しばらく眺めていると、女の子がお母さんのスカートを引っ張って
「ママー!ねぇ、ひよこ買ってよ、可愛いじゃない、ねぇ、買ってぇ!」
「ダメよ。家の中じゃ飼えないの!」
「やだぁー、買って買って」
半べそかきながら、お母さんに手を引かれて、行ってしまった。

どこの国でも、同じだなぁ。

かわいそうに、赤や緑に染められたひよこもいるよ。
緑色の鳥だと信じて買っていく子供もきっといるに違いない。
キーワード:
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

変わった鳥だなーと思ってたら染色したヒヨコだったとは~(汗)。
しかしまー、1元ならその場の勢いで買ってしまいそうだなぁ。
気をつけようっと。

でっつ家の実話に基づく?

緑色のヒヨコ、私はウグイスかメジロのヒナかと思いました。
ところで、「ヒヨコを育てるの記」、リアリティーがありますね。でっつさん少年時代の実話に基づいているのですか?古い時期の「サザエさん」(漫画)では、家で鶏を飼っていて(イソノ家とは限らないが)、最後は絞めて食べちゃうということにからめた話が何回か出て来た気がしますが。(単行本による)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/96-3d8fb5f1

アヒルの子

先日子供が二羽のアヒルを買ってきて、家で飼ってるんだけど臭くて耐えられません。どうしたらいいのでしょうか?

  • 2005/06/18(土) 13:36:40 |
  • 中国の掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。