大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売るものが無くなると台車まで売っちゃうのか?

さて今日も何か面白ネタがないかと開発区銀座をぶらぶらしていると、こいつがあった。
uriche050515.jpg
これまで、いろいろの路上商売を紹介してきたが、こいつには参った、っつうか、笑っちゃった。

何を売っているのかな?上に乗っかっている薄汚いポリ樽を売っているわけでも無さそうだし、探してみても、商品らしいものがないし、どうしたんだろう?
おや、なにやら、紙がぶら下がっているぞ、なになに、、、、
「売車」と書いてある。

あぁそうか、そういうことか! つまり、この三輪自転車自体が、売り物だったのだ。

これは、前二輪式三輪自転車で、路上商売の行商人が、商品やガスコンロなどの機材を載せて運んだり、上に板を渡してそのままテーブルワゴンの代わりにしたり便利に使っている道具だ。

それにしても、売りたいなら、ペンキを塗りなおすくらいのことをして、もう少しきれいに掃除したらどうかね。しかも、右側の足踏みペダルは、棒しか残っていないし。
こういうところに中国人気質を感じるんだよなぁ。
キーワード:中国人気質
人気ブログランキング > 地域情報 > 海外 > アジア
中国ランキング > 中国諸々
くつろぐランニング > 地域情報 > 海外

コメント

で、いくらだったんですか?

で、いくらだったんですか?台車は。見当もつかないけれど、80元くらいですか?

値段は聞いてみないと

紙には書いて無かったので、直接聞いてみないと分りません。
買う気は無いので、聞いていません。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://huaihua.blog5.fc2.com/tb.php/99-2a6d1175
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。