大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許不要論4(時代錯誤)

特許制度の目的が、「産業の発展に寄与する」ことだということについては先に書いた通りだ。
また、スポーツ特許については、相互の技の発達の為には、特許で新しい技を禁止することは得策ではないとも書いた。

1、問題提起
2、スポーツに特許を持ち込んだら
3、特許制度の目的
4、時代錯誤
5、実業と虚業

そもそも、特許制度って、いつ頃出来たものだろうか?

特許庁のサイトによると、
「近代特許制度は、中世ベニスで誕生し、イギリスで発展したといわれています。」
ベニス共和国で、1474年に、世界最古の成文特許法として「発明者条例」が公布された。その150年後のイギリスでは、1624年、「専売条例」が成文特許法として制定され、これにより今日に至る特許制度の基本的な考え方が明確化された。更に160年後の1790年に、アメリカにおいて特許法が制定された。それから約90年後の1877年に、世界で最初の審査公告主義を採用したドイツ統一特許法が制定された。ベニスの発明者条例から実に400年をかけて、近代特許法の原型が誕生したことになる。
詳しくは、特許庁の工業所有権制度の歴史をみてくれ。

1800年代後半からの産業革命を支えたのはイギリスの特許制度だったと言っても過言ではない。この時代の代表的な発明として、ワットの蒸気機関やアークライトの水力紡績機などがある。
また、世界の発明王といえば、なんと言ってもエジソンだが、彼が発明を元に事業を起こし活躍したのは1900年前後のことだ。その頃、日本でも豊田自動織機や、御木本真珠その他多くの優れた発明が認められている。
つまり、19世紀の終わりから20世紀の科学の進歩と産業の発展には、特許制度が大いにその役割を果たしたと言える。

さて、21世紀に入って、発明・考案に関する環境は、20世紀初頭とは全く違う状況になっている。

まず短いタイトルを挙げ、後で解説を加える。
1、個人が活躍する時代は終わり、組織と組織の戦いになっている。
2、改革のスピードが速いので、20年間の権利と言うのは、対抗企業にとっては致命的な結果をもたらす。
3、同じテーマの研究をする研究者が多く、似たような特許がたくさん出願され、特許権の重なり合いが多い。
4、同じ研究をして、僅かな出願日の差で、100対0の権利を与えるのが妥当なのか。
5、情報伝達の速度、記録媒体の多様化により、紙に書かれた情報が最上のものとは言えない。
6、分析、解析技術が発達したので、わざわざ情報開示を求めなくても、現物が手に入れば、技術の解析は出来る。


1、エジソンやらワットやらが、一人でこつこつと研究を進め、発明にこぎつけた時代と違って、現代の技術開発は、組織と組織の戦いになっている。その証拠に特許出願人の大部分は法人である。ひとつのアイディアが生まれる陰には、多くの仲間の調査、分析、試作などの協力があり、共通の財産となる。このメンバーたちは、あるときは一つの法人の元で勤務しているが、時には転職し、研究機関を離れたり分散する可能性があり、一人の人間が技術を隠し持って門外不出の技とする危険性は少ない。つまり発明が誕生したときには、ある範囲で公開されたと同じことなのだ。兵馬俑の銅馬車の技術が2千年間埋もれてしまったような事態は、今や起こり得ないのだ。

2、科学進歩の速度が速まり、特に先端技術の分野では、10年も経てば陳腐化してしまう。この時代に20年間の排他的な権利を与えると言うことは、ライバル達を完全に潰してしまうことにつながり、産業発展に寄与するとは思えない。

3、特許は、排他的な権利、つまり使わせない権利だ。同じテーマで特許を取ると、権利が重なり合うことがある。そうなると両者共使えなくなるのだ。また、相手方の基本特許の周辺を押さえる応用特許をたくさん出願して周囲を固め、実質的に基本特許を使えなくするような戦略もある。いわば、足の引っ張りあいだ。これが、産業の発展に寄与するのだろうか?

4、最近は、特に先端技術分野においては、同じテーマの研究を複数の機関で取り上げることが多い。優れた専門技術者が研究を進めていくと必然的に同じようなアイディアに到達するものだ。同等の費用と期間をかけて研究した成果が、僅かに出願日が早い方に100%の実施権を与え、ちょっと遅れた方は使用を禁止するのが正当な判定だろうか?これで産業の発展に寄与するのか?

5、特許は、紙に書かれた情報が全てである。最近では電子出願に変わってきたが、そのまま印刷可能であり、つまり紙に書いたものと同じなのだ。紙に書かれた表現力には限界があり、特許の権利範囲の裁定でしばしば問題を起こしている。最新の記録媒体を使えば、紙の上には表現しきれない情報、例えばビデオ画像、コンピュータグラフィックスやアニメーションを使って、より正確に描写することが出来る。紙ありきの特許制度はもう古い。

6、20世紀初頭とは比較にならないほど、各種の分析器が発達したので、現物があれば、どのようにして作ったのか、材質は何かなど、かなりの部分まで分かるようになった。だから、敢えて、文書で公開してくれなくても同じものは作れるものだ。産業の発展のために情報を公開するというのなら、もうその役目は終わったと言えるだろう。

19世紀末に確立された特許制度は、20世紀の産業発展に大いに貢献した実績は認めるが、以上述べた観点から、既にその役割を終え、今や単なる権利保護法に成り下がってしまった。

この古臭い特許制度はもう要らない。
発明者の権利保護のためなら、足の引っ張り合いになっている現状を改善して、より健全な発展的な制度となるように、根本的に改めるべきだ。

特許不要論3(目的)

物真似製品が当たり前の国に住んでいると、特許制度の功罪について考えてしまう。

1、問題提起
2、スポーツに特許を持ち込んだら
3、特許制度の目的
4、時代錯誤
5、実業と虚業

特許なんか要らないって言う前に、まず特許制度が存在する意味を明らかにしてみよう。
特許制度の目的ってなんだろうか?

秦の始皇帝の時代に作られた兵馬俑からは、馬や兵の土偶の他に、当時としては考えられないような進んだ科学技術に裏付けされた数々の金属製品が発掘されている。その代表が銅馬車だ。
dobasha050212.jpg
銅馬車には、ネジと歯車が使われている。この当時既に、ネジの加工や歯車など同じ形状の部品を大量に作る技術(ある種の鋳型?)があったことを示しているし、クロムを用いた錆びない剣も発掘されている。紀元前の時代に使われたクロムが再び工業製品として人類の目に触れるのは20世紀に入ってからのことだ。この素晴らしい技術が2千年もの間眠っていたことになる。

当時の中国では、独自の技術が他に盗まれるのを極端に嫌い、門外不出の伝承の技術として秘密扱いをして来た。不幸にして、病気や事故、あるいは戦争によって、子孫への技術伝承が済まないうちに当人が死んでしまうと、独自の技術はそこで途絶えてしまったのだ。こうして、秦の時代の科学技術の数々は、戦国時代の乱れと共に雲散霧消してしまった。

もしも、この時代に特許制度があったら、どうだろうか?
ネジ切りの方法も、鋳型による鋳造も、あるいはクロムによる金属の処理方法も特許として公開して、20年間だけは、発明者の独占権利とするが、その後は誰が使っても良いはずだった。原理が公開されるので多くの人がその加工法を知り、その後2千年間も技術が埋もれてしまう最悪の事態は避けられたのではなかったか!

これこそが、特許制度が本来目的とするところなのだ。

そもそも特許制度って、何のためにあるか考えたことがあるかい?
日本の特許法の第1条には、
「この法律は、発明の保護および利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする」
と書いてある。
つまり、特許制度の究極の目的は「産業の発展に寄与すること」であり、その手段として発明を保護したり、利用を促進したりして、発明を奨励するのだ。その結果として、更に新しい発明がなされ、産業が発達するのが狙いなのだ。

自分の技術を公開する代償として、一定期間(20年間)は、他の人に使わせない権利を与えるのは、目的ではなく単なる便法に過ぎない。

近頃、誤解されているのは、特許制度が、発明者の権利保護だけを目的とした制度だと思われていることだ。

今や特許争いは、個人の財産と言うよりも、組織対組織の戦いになっている。特に先端技術分野においては、いくつかの優良企業が、沢山の研究者を抱え、高価な分析器を備え、同じ目標に向かって研究を進めている。優秀な研究者が、同じ目標で研究を進めれば、必然的に同じような結論を得ることが多い。そこで、相手より僅かに出願が早いからと言って、100%の権利を与え、やや出遅れた方には全く権利を与えないことが、産業の発展に寄与するのだろうか?

製品を見て「真似できるものならやってみろ、品質では負けないぞ」というやり方のほうが、産業の発展につながるような気がするのだが。

古くは、ビデオテープで、ベータとVHSの戦いがあった。このとき、日本ビクターは、VHS陣営に対して特許使用料を取らないという協定を結びSONYを孤立させることに成功した。VHSにもSONYが有する特許いや、それに極めてよく似た技術が使われていたのだが、それも含めて使用料フリーにしたのだ。

ここで、更に考えてみると、特許制度が無かったらどうなっていたのだろうか?
特許権の放棄とは意味が違うが、特許料を取らずオープンにした方が勝利を収めたことから、特許制度が無かったら、もっとスムースにことが運んだかも知れないとは、考えられないか?

商圏とか部品購入ルートとか色々な要素が入り組んでいるので、短絡的に結論付けることは出来ないが、特許制度が、本来の目的であるべき「産業の発展に寄与する」のではなく、お互いを牽制し合い、ネガティブに作用したと言えないか?

今や、次世代DVDの規格において同様な争いが起きようとしている。この件について詳しい技術論は知らないが、特許制度が、「産業の発展に寄与」しているとはとても思えない。

現在の特許制度は、本来の目的を見失って、発明者の権利保護だけに走り、産業の発展どころか、足の引っ張り合いをさせているに過ぎない。

こんな制度は要らない。残すにしても、大幅に見直す必要がある。

特許不要論2(スポーツ)

模造品と物真似の国、中国で暮らしていると、特許制度について考えてしまうことがある。

1、問題提起
2、スポーツに特許を持ち込んだら
3、特許制度の目的
4、時代錯誤
5、実業と虚業

特許って、他人より先に何かを考案した人が、排他的に使用する権利だよね。排他的にってところが分り難いかもしれないけれど、他の人には使わせないってことだ。

スポーツに特許の考えを組み入れたらどうだろうか?
自分がやっているスポーツが一番分かりやすいので、まずテニスを例にとって説明しよう。



 

特許不要論1(問題提起)

中国に3年も住んでいると、まともな経済ルール感覚が麻痺して来るのかも知れない。

偽物、物まね製品が横行しており、特許権も商標権もあったもんじゃない。そんな中で、元エンジニアとしては、特許について色々と考えてみた結果、現代においては特許制度は要らないのではないか、むしろ害にさえなるのではないかとの結論に達した。

突拍子も無い結論を先に書いてしまったので、でっつのヤツは遂に脳内まで中華思想に染まったかと思われるかも知れないが、まぁ、最後まで話を聞いてみてくれ。

そもそも
「特許制度って、何のためにあるのか?」
と聞かれたときに、多くの人は、
「発明者の権利保護」
と答えるのではないだろうか。

実は、それは、大間違いなのだ。
発明者の権利保護は、特許制度維持のための手段であって、目的ではない。

今週は、こんなことをテーマに、今日から金曜日までの5回に渡って、特許不要論を打つことにした。賛否両論があると思うが(賛は全然無かったりして!)皆さんの意見を聞かせていただければ幸いだ。

予定している目次
1、問題提起
2、スポーツに特許を持ち込んだら
3、特許制度の目的
4、時代錯誤
5、実業と虚業
今週は、こんな話題で屁理屈をこねるので、笑いを求めてこられた方には大変申し訳ないが、11日の金曜日までは、面白くないから、読まない方がいいと思うよ。

では、明日から具体論を書くことにする。

大連日本商工クラブ文化講演会「志の輔らくごin大連」

「大連日本商工クラブ」という日本人の団体がある。(追記:2006年4月から「大連日本商工会」と名前を変えた)
本来なら、「大連日本商工会議所」と名乗りたいのだが、外国人が群れることを好まない中国政府は、1国1団体に制限している。日本については、北京にある「北京日本商会」が公認団体となっているためそれ以外は認められていない。各地に日本人の団体があるが全て非公認団体になってしまう。加盟人数が多い上海の団体は、昨年(2004年)3月に上海市政府に「民営非企業単位」という会社形式に近い形で公認を受けた。大連では、方法が無く、非公認団体のままだ。そのため、法人として銀行口座が持てない、正式な領収書を発行できないなどの種々規制を受け活動も制限を受けている。

「大連日本商工クラブ」って、何をやっているか?誰にでも分る大きな事業が二つある。
一つ目は、大連日本人学校。
二つ目は、日本人医療相談室。

中国の日本人学校としては、北京、上海、広州、天津、青島、大連がある、あと香港か。
大連の日本人学校は、比較的早い時期、1994年4月に設立され「大連日本商工クラブ」が理事会を作って運営している。昨年までは親が商工クラブの会員でないと子供が入学できないと言う制限を設けていたが、今は開放されている。

日本人医療相談室は、中心医院の中にあり、日本人医師が常駐している。週に3回(月水金の午後)は開発区のアカシア別荘で巡回相談を受けている。法律の関係で日本人医師が治療行為は出来ないが、診察はしてくれるし、投薬も可能。また必要に応じて中国の病院を紹介してくれる。医師1名の人件費を含めて、日本人医療相談室の運営費用は商工クラブが出している。外国で、日本語で診察を受けられるのは大変心強いものだ。

この二つの他に、毎年盛大な忘年会を開催したり、市政府との意見交換会、危険情報の提供や日本語教育の普及、同好会の支援など各種の活動を実施しているが、一般の人には、あまり知られていないかも知れない。
「大連日本商工クラブ」はウェブサイトを開設しているので、興味のある人は「大連日本商工会」を見てくれ。会員の家族であれば、IDとパスワードを入力すれば、更に詳しい情報を見ることが出来る。

そんな活動を担う組織の一つとして「親睦交流委員会」がある。
日本から離れていると言っても、最近では、テレビや新聞、インターネットで日々の情報はどんどん入ってくる。しかし、生の文化に触れる機会はどうしても少ない。そんな大連の仲間に、日本の本物の文化に触れてもらおうと「親睦交流委員会」が文化講演会を昨年から始めた。

初年度の昨年は、作家の深田祐介氏の講演会だった。
オレは、大変興味深く聞いたが、やや硬いとの判断だったのだろうか?今年は、いきなり軟化して
「志の輔らくごin大連」
だった。
会費は一人100元(1400円)だから、定員250名が満席になっても35万円にしかならない。ギャラと飛行機代、ホテルの会場費を考えれば、足りるはずが無い。勿論、商工クラブの持ち出しになるわけだが、大連に住む日本人に一流の日本芸能に接する機会を与える素晴らしい企画に、オレは納得している。

「志の輔」と言えば、言わずと知れた「ためしてガッテン」の名司会者だ。知的な雰囲気を漂わせる落語家として、人気がある。
大変良い選択だったと思うし、勿論、聞きに行った。

一流の文化、芸能に触れるって、やっぱりいいな。
っていうか、一流の芸人の技に引き込まれたってとこか。

「しのはる」さんと言うお弟子さんを連れて来て、彼が前座で15分ほど、その後で、志の輔師匠が自作の新作落語を30分と古典落語を1時間の2席演じてくれた。生の芸はやっぱり素晴らしい。例えば簡単な小話を投げて観客の反応を見つつ、笑いの雰囲気を作っていくんだな。
面白い小話がいくつかあったので紹介したいが、彼の技をインターネットで公開するのはなんかルール違反のような気がするので止めておこう。


「ためしてガッテン」の司会者というだけではなく、本物の落語家だった。久しぶりに本物の芸能を満喫した。

来年の文化講演会はなんだろうか? また楽しみだ。

模倣工学

今日の話は、おそらくどこかで読んだ新聞記事がきっかけだと思うのだが、オレの頭の中で発展した妄想なので、半信半疑で読んでくれ。でも、書いているうちに、中国ならありそうな話だと思って、納得している自分を発見して、面白かった。

北京の著名な大学に、「模倣工学」という学問分野があるそうだ。模倣工学と言うと、一般には、生物の生体機能を真似て、新しい機能を有する、機械や情報処理方法を研究をする「生体模倣工学」あるいは「生物模倣工学」を指すが、ここでは違うのだ。販売された製品を分析して同じものを作る学問、つまり模倣工学だ。

世の中に発表された物品については、発表した瞬間から公のもので誰が作っても良い。そこで同じものが作られるかどうか、逆に言えば同じものを作らせないことが、真の技術力だと言う考え方に基づいている。

模倣工学の基本は、材料技術加工技術だ。基本的な材料と加工方法が分かれば、量産技術は別の専門分野に任せてよい。

模倣工学では、まずモデルになる製品の機能性を明らかにする。
何をしようとするものなのか? 製品の目的は何か?

可動部分があるものなら、動きを図解する。化学反応を伴うものであれば、その機序を解明する。電気を使うものであれば、最終的に電気エネルギーがどのような形で作用しているのかを見極める。最終形態は動力なのか、熱なのか、電波なのか、光、音、電磁波、磁場作用なのか?

次いで、バラバラに分解してみる。分解できなければ、切断することも止むを得ない。バラバラにした部品を並べて、材料リストを作成する。まず、大雑把に有機材料、金属、無機材料、生物材料、その他。次にそれぞれの材料を分析して、材料名を明らかにする。

次に、それぞれの材料が使われている理由を特定する。例えばガラスなら、透明性が必要なのか?硬さが必要なのか?耐溶媒性が必要なのか?耐熱性が必要なのか?安いプラスチックには置き換えられないか?

それらの材料で、部品を作る加工方法を特定する。金属なら切削加工か?鋳型で成形するか?プレス成型か?焼いて叩くか?精密冶金が必要か?エッチング?焼入れ?なまし?表面仕上げは?

こうして、解析を進めて、再現できるものは独自の技術とは言えないというのだ。特許で守って貰おうなんて邪道だ!と。
このような手順を事細かに教えて、同じものを作るのが模倣工学だ。

ここまで書き進んで、今はしがない総経理だが、元技術者としては、懐かしく思う。
特許無視は論外としても、過去に日本が歩んで来た道、そのものなのだ。大学で統一された学問としては教えてくれなかったが、欧米に追いつけ追い越せを合言葉に、こんなことを日本中の会社でやっていたはずだ。真剣に模倣を極めれば、必ずそれを超える技術が生まれるものだ。その結果として、今の日本の技術がある。

こんなやり方を、大学が学問として教えれば、もっと効率良く、短期間で、技術レベルが上がることだろう。中国の技術水準が日本に近づく速度は予想以上に速い。

そこで、日本の若手技術者に言いたい。
真似が出来ない超精密加工技術でも良い、真似が出来ない超高精度の新材料でも良い、外観から全く分からない化学反応でも良い、真の技術者なら、模倣工学の粋を極めても、真似し得ない真の技術を作れと。

さて、国慶節の休暇を利用して、今日の午後からしばらく日本に帰ります。日本では、書き溜めた記事を、毎朝定時に掲載するつもりですが、都合により、2、3日分を先にリリースすることがありそうです。ご容赦ください。
また、コメントへの応答がのろまになるでしょう。

路上のゴミ?いや新手の広告です。

歩道の上に散らばっているゴミのようなもの。
なんだろう?
bira050820.jpg

電話番号とか書いてある。

拡大した青字のビラを見ると、こんな風に書いてある。
「印鑑、証明書、領収書 (現物確認後の支払い)」
つまり、「偽の証明書などを作ります」と言う宣伝ビラなのだ。
中国では、偽物の商売が非常に多い。携帯電話のショートメールでも、この手の迷惑メールが沢山届く。笑ってしまうのは
「偽の証明書作ります、当社は信用第一でやっています」って言うのがあった。自己矛盾を孕んでいるけどあんまり気にしないことにしよう。

日本に留学する為のビザの申請には、学歴証明書銀行の残高証明書が必要になるのだが、偽の証明書が多いため、外務省では特に中国の書類は厳しく審査していると聞いたことがある。

さて、路上のビラなのだが、ラベルに印刷して剥離紙を剥がして、路上に貼り付けているので、風で飛んだりはしない。

「今度の就職試験では、大学の卒業証明書が必要だけど、わたしは大学出ていないし、どうしよう?」
などと悩みながら下を向いてとぼとぼ歩いていると、目に飛び込んできたのがこのビラだ。
「そうだ、偽の卒業証明書を作ってもらおう」
と言う具合だ。
悩んでいる人は、首を垂れてとぼとぼ歩いていることが多いので、路上のビラの効果がある。
業者なりに、色々考えた結果なのだろう。

ビラを貼るだけではなく、スプレーで直接電話番号を書いている奴もいる。黒いスプレー文字が分るかな?

ブログを始めてみました

世の中で大流行のブログというものを、始めてみます。
これまで、いくつかのホームページを手がけそれなりの経験とツールを持っているつもりで、ブログを馬鹿にしていましたが、人間というものは簡単な方向にどんどん流れてしまうのですね。
今日初めてブログを書いていますが、なるほど、これは簡単だ
HTMLの基礎知識も何も関係ない。
でも、文字に色を付けたり、カウンターを配置するのに少しは知識が必要だな。


20050228152446s.jpg

写真は、童牛嶺の展望台から見た大連開発区の中心部。

中国大連での生活もまもなく3年になろうとしている。大連情報も巷に溢れているが、日日の書き込みに表題を付けて整理してみれば、将来大事典になるかもしれない。じゃあ書いてみようってノリだな。
各記事にキーワードをつけておくので、関連記事を検索で見つけやすいはずだ。


キーワード:ブログ、大連情報、開発区
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。