大連雑学事典

2008年3月までは、大連在住の総経理が現地レポート、その後は日本からの回顧録や中国語トピックス。 過去の記事は右下太字の「大連雑学事典ハンドブック」を参照してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケボー禁止の交通標識があった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その11)

世界には、色々な交通標識があるものだが、中国には「荷馬車通行禁止」があることを紹介したが、ホノルルには、何と「スケボー禁止、ローラースケート禁止、サイクリング禁止」の標識があった。
0701001skebo.jpg

常夏のリゾート、ホノルルらしいと感心した。

カメハメハ大王は褌だった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その10)

「南の島のハメハメハ大王」  
伊藤アキラ作詞、森田公一作曲、  若松正司編曲、 のこいのこ/ザ・ブレッスンフォー歌
♪♪
南の島の大王は その名も偉大なハメハメハ
ロマンチックな王様で 
風のすべてが彼の歌 星のすべてが彼の夢
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ
♪♪
南の島の大王は 女王の名前もハメハメハ
とてもやさしい奥さんで
朝日の後で起きてきて 夕日の前に寝てしまう
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ
♪♪
南の島の大王は 子どもの名前もハメハメハ
学校ぎらいの子どもらで
風がふいたら遅刻して 雨がふったらお休みで
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ
♪♪
南の島に住む人は 誰でも名前がハメハメハ
おぼえやすいがややこしい
会う人会う人ハメハメハ 誰でも誰でもハメハメハ
ハメハメハ ハメハメハ ハメハメハメハメハ



お馴染みの、NHKみんなの歌である。
さて、ハメハメハ大王は、歌の中だけだが、カメハメハ大王は実在したのだ。
ドラゴンボールの「カメハメ波」ではない。
カメハメハ大王の姓は「カ」で名前が「メハメハ」、つまり、カ・メハメハさんなのだ。
意味としては、「孤独な人」「静かな人」だそうだ。
0701001kamekameha.jpg

写真のように、金の褌をした、ハンサムボーイだ。
残された肖像画とは、大分印象が異なるが、実は、肖像画の方が本物で、銅像は、かっこいい別人をモデルに作らせたんだとか?
kamehameha1.jpg

ハワイ王国には、カ・メハメハ一世からカ・メハメハ五世まで5人のカ・メハメハ王がいたが、カ・メハメハ一世はハワイ諸島を初めて統一して1810年にハワイ王国を建国、初代国王となった人物であり、特にカメハメハ大王と呼ばれている。
ハワイ王国は1810年~1893年まで83年間存続し、その後共和制となり、5年後の1898年にアメリカに併合されて消滅した。

ハワイ州の別名はレインボウ・ステイト

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その9)

ハワイ州の愛称は、アロハ・ステイトだが、虹の州(レインボウ・ステイト)の別名があるほど、虹が多く見られるそうだ。
そのため、車のナンバープレートにも、アロハ・ステイトのニックネームと共に、こんな風に虹がかかっている。
nijiplate.jpg


そういえば、最近、天に大きな弧を描いたきれいな虹を見た記憶がない。
特に大連は乾燥気候なので、虹が出にくいのだと思う。

ハワイ島の虹は、大きくてきれいだった。
0701001niji.jpg


こちらは、上の虹のペアではなく、別の場所で撮った別の虹だ。
0701001rainbow.jpg


ハワイ島では、小雨が降ったり止んだりで、滝壺の中や木々の間にたくさんの虹を見ることが出来た。

オアフ島の小雨のハイキングでは、太陽を背にしたときに、一人一人の足元に小さな虹を持ったシーンもあったな。
hawainoniji.jpg

虹って、雨と太陽と言うあい反する要素が揃わないと出現しないのでどこでも見られるというものではない。ハワイは小雨が降りやすい気象条件と、南国の強い太陽とが揃っており、自然が織り成す芸術作品が堪能できる。
レインボウ・ステイトの名前は、伊達じゃなかった。

ハワイの飛行機は尾翼が派手

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その8)

ハワイを拠点にする航空会社は四つあるが、垂直尾翼が結構派手だ。
0701001aialine.jpg
手前がハワイアン航空の垂直尾翼で、ハワイアンレディの横顔が描かれている。頭にはハイビスカスの花?
奥に止まっている椰子の木柄は、アメリカ本土インディアナポリスを本拠とするATA航空だが、ハワイ向けと言うことで、バケーションを意識したカラーリングをしているのだろう。


0701001aloha.jpg
こちらは、アロハ航空だが、垂直尾翼はには、ストレリチア(極楽鳥花)の花柄が。


ilandair.jpg
アイランド・エアは、フラダンスの娘さんだが、
ilandairguiter.jpg

これはギター柄
ilandairboard.jpg

こちらはサーフボード柄。
結構派手に、気ままにデザインしている。


HawaiGoAir2.jpg
こちらは、片道$39の格安航空会社go!だ。 go!の垂直尾翼は、文字が書いてるだけでおとなしいな。
【“ハワイの飛行機は尾翼が派手”の続きを読む】

観光客の強い味方、ABCストア

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その7)

ワイキキ付近を歩いていると、50メートル間隔くらいで沢山の「ABC STORES」がある。
感覚的にはコンビニだと思ってよい。
ABCLogo.jpg 
品揃えは日本のコンビニよりも豊富で、サンドイッチやおにぎりなどの食料品からお茶やビールは勿論、普段着、サンダル、化粧品、おみやげ物など日用雑貨といわれるようなものが揃えられている。
これが、旅行者にとっては、とてもありがたい。
昨日の記事に書いたTシャツ(ハイチ製、ホンデュラス製)もABCストアで買ったものだ。
なにかすぐに欲しいものがあったら、まずはABCストアを覗いてみよう、大概どうにかなるはずだ。


黒人の店員が出てきたので、英語で喋らないと
「えーと、アイ・ウォント・トゥ・マァイ・サム・Tシャツ」
あれ、マァイは、中国語だな、買うは英語でなんだっけ?
なんて、オロオロしていると、「イラッシャイマセ」なんて言われて、拍子抜け。
全部の店にいるわけではないけれど、日本語が通じる店員も多い。
オアフ島だけで、32店舗もあるんだって。店の大小があって、大きな店では、当然だが品数が多い。
ハワイで困ったら、まずはABCストアへ飛び込んでみよう。


以下、日本語のホームページから抜粋。

ABCストアのモットーは
「観光客にとって便利な場所で、正しい価格で商品を提供する」
ABCStore.jpg

ABCストアの1号店は1965年にワイキキでオープンしました。お店には、食品、お土産品、クスリ、化粧品、そのほか、観光客が必要とするものを取り揃えました。わかりやすく、覚えやすい名前、一度聞いたら忘れない名前ということで「ABC」と名づけました。
ホームページはこちら⇒ABC Store    日本語のページ

メイドインチャイナではなかった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その6)

世界中どこに行っても、Tシャツのような安い衣料品はメイドインチャイナだと思っていた。

ところが、ハワイで買ったTシャツは、made in China ではなかったのだ。
0701031Madein.jpg

上の写真は、Tシャツのタグだが、ご覧の通り、上はハイチ、下はホンデュラスだ。

、、、、、、、、それって、何処?

ハイチは、カリブ海の東側で、キューバとドミニカ共和国の間の小さな島国。
ホンデュラスは、メキシコとパナマの間にある国で、周辺にはグアテマラ、エスサルバドル、ニカラグアなどがある。
このほかに、メイドイン・パキスタンのTシャツもあった。

中国は、世界中の衣料品を作って輸出しているのかと思っていたのだが、ハワイでは、新興国が頑張っているぞ。

世界の工場、中国がやばいのかなぁ?

しょうもないストレッチリムジンが多かった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その5)

ストレッチリムジンと言う乗り物がある。
ストレッチとは、引き伸ばすという意味で、普通のセダンを引張って異様に長くした車のことだ。
0701001stre.jpg
こんなイメージの乗用車だ。これは4ドアだが、6ドアの車もある。

ホノルル市では、この手の車がすごく多い。
100台の車を見たら、4~5台はこれじゃないかと思うくらい多い。

見た目は豪華なのだが、運転しずらいし、乗り降りは不便だし、後ろ向きか横座りにさせられるし、実用上はろくなもんじゃない。
StretchLimousineInside.jpg
内部は、こんな風に横長の椅子とミニバーカウンターが付いているのが普通だ。
前後に向かい合う対面座席の場合もある。

直線の高速道路を何時間もドライブするなら、運転はドライバーに任せて、バーカウンターでブランデーを揺らしながら仲間と語らいをするのもいいだろう。
だけど、ホノルル市内で、信号で止まったり横断歩道で歩行者を待ったりして、動いたり止まったりの繰り返し、更には交差点での右折左折で身体を振られるしでは、全く魅力を発揮できないし、観光地巡りなら、乗降回数が多いので、バスの方がよっぽど便利だ。

オレは、ハワイではないが別の場所で一度乗ったことがあるから書くのだけど、目的によってはお勧めしないが、一度は乗ってみたいという気持ちもわかる。
だから、リムジンによる観光ツアーも人気のようだ。貸切リムジンによる半日観光で200ドル弱というところ。
この一見豪華に見えるムードに弱い連中が乗るんだろうな。

ハワイの鳩は白かった

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その4)

鳩はどこでも飛んでいるものだが、ハワイの鳩は白かった。
ハワイというよりも地域を限定すべきだな、ワイキキの鳩は白かった。
国際級のスポーツ大会などで、純白の鳩が群れを成して放たれるが、あれは、純白種だけを選別飼育しているもので、自然界ではシロは劣性遺伝なので数が少なくなるものだ。
(と、思う。専門家じゃないので分からないが)
日本の公園やお寺などに住み着いている土鳩は、灰色か薄茶色ばっかりだ。071105dobato.jpg


これに対してハワイ(ワイキキ付近)の鳩は白かったなぁ。
0701001shirohato.jpg


〔ちょっとネットで調べた薀蓄〕
靖国神社の鳩は白いそうだ。 灰色の鳩が現れると、係りの人が捕まえて遠くに放すとか? うそ臭いなぁ。
白い鳩には、もともと白い品種と、色素が無いために白く見えるアルビノって言う劣性遺伝の種があるんだって。
アルビノは、メラニンなどの色素が欠乏して生まれた種で 真っ白い蛇や虎などにも見られる。アルビノは、色素がないから眼底の血管の赤色が透けて眼が赤く見える。もともと白い種類は、眼が黒い。
さて、ワイキキの白い鳩はどっちだろう。目の周囲は赤いけど真中は黒目は黒いように見える。

ハワイの魅力は山にもある

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その3)

ハワイといえば、誰しもワイキキの浜辺を思い浮かべ、遊びの主目的は海水浴やサーフィンなどきれいな海だと思うだろうが、なかなかどうして。ハワイの山も良いのですよ。
ハワイ島のキラウエア火山もいいけど、ここでのお勧めは、ジャングイル・ハイキング。

ワイキキの海辺から車で小一時間ほど走った山中にハイキングコースがある。
専門のガイドさんの案内がつくので、樹の名前やら花の由来などいろいろ教えてくれる。
自然保護のために、1日30人までしか入山を許可していないので、有名な観光地にはなり得ないのだが、自然林が守られていて、これがなかなか良い。

グアバがそこらじゅうに落ちているのを拾って食べたし、生きているカメレオンも見ることが出来た。(小さかったけどね)
日本では、観葉植物として鉢植えで売られている「ポトス」「アジアンタム」だが、雑草のように自生しているのが、興味深い。ポトスなどは、葉っぱが巨大に成長し直径1メートルにも達している。(グアムでもポトスは大きかったな)
071112ajipoto.jpg
写真は、植物紹介のための鉢植えの一例で、ハワイの山とは関係ない。

透明な葉っぱというものがあった。
0701001tomeha.jpg

実際に透明というわけではなく、落ち葉が葉脈だけを残して腐敗(?)したものだが、透明な葉っぱなんていわれると、ちょっとロマンチック!

オレにとっては意外なことだったのだが、ハワイの山の中には、こんなに立派な竹林があったのだ。竹って、日本のものだと思っていた。 だって、エジソンが白熱電球を発明したときに、最適材料として選んだのが京都の竹だという話を聞いていたので。0701001chikurin.jpg


オレが行った日はあいにくの雨。合羽(ポンチョ)を被ってあたかも修行僧のようないでたちになったが、これはこれで思い出として残る。
先頭を歩いているのがガイドさん。
0701001shugyo.jpg
ぬかるみを歩くのに、杖がこれほど役に立つとは知らなかった。

フラダンスのポイントは笑顔

国慶節にハワイに行ってきたので、ちょいとメモ(その2)

さすがにハワイといえばフラダンス。
空港でも踊っていたし、レストランやディナークルーズでも。
女だけではなく、男も踊るんだ。

驚いたのは、その「笑顔」

踊りだす前は、深刻そうな、ブスッとした顔をしている。
こんな連中が踊れるのか? なんてみていると、音楽と共に踊り始めると表情が変わり、急に満面の笑顔になる。(ほんとだよ)
おそらく、厳しい練習(稽古)で、師匠から教え込まれたのだろう。
どんな悲しいことがあっても、恋人に振られても、親が病気になっても、ギャンブルで負けて借金が嵩んでも、前の晩飲み過ぎて頭が痛くても、フラを踊るときには笑顔を絶やしてはいけないと。

笑顔が作れないなら、むしろフラを踊るな!とか?

男も女も、フラダンスは笑顔が勝負。
0701001fura.jpg
この写真は、空港の搭乗待ちロビーでの風景。

「フラ」とは、ハワイ語で「踊り、ダンス」の意味だそうだ。
だから、「フラダンス」というと、「踊りダンス」となり、不自然なのだが、日本語では「フラダンス」が標準なので、文中では主として「フラダンス」の語を使用した。
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。